谷ナオミ

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
谷ナオミ

たに なおみ、1948年(昭和23年)10月20日-

概要

女優。1960年代中頃からピンク映画女優として人気。SM関係では山邊信雄団鬼六らの作るSM系のピンク映画に数多く出演している。辻村隆賀山茂との交遊も深い。70年代に入ると団鬼六とのコンビでにっかつロマンポルノで『SM映画の女王』としての地位を確立。ピンク映画でのいくつかの縛りは田中欣一が、また、にっかつでの多くの縛りは浦戸宏が担当していた。引退写真集の緊縛は六本木薫が担当している。谷ナオミ自身にSMの趣味はなかったという証言が多い。

別名

Naomi Tani、谷なおみ、谷那保美、谷那保子、谷尚美、谷直美、谷奈緒美、谷田恵子、村山明美、福田明美(本名)[1]

略歴

1948年(昭和23年)10月20日、博多網場町生まれ[2]。両親の不仲で親戚の家を転々とする。中2の時に母親と死別[1]

1960年代、熊本でホステスをする[3]

1966年(昭和41年)12月、上京。持ってきた50万円を記者と名乗る男にだまし取られる[4][注 1]。ウエイトレスやキャバレー勤めをしながら豊原路子[注 2]に弟子入り。体位のモデルなどをやる[2][3]

1967年(昭和42年)、豊原路子が双葉社「ニュース特報」の編集部員であった長尾を紹介し、長尾が国映に紹介[1][注 3]

1967年(昭和42年)4月、村山明美の名前でユーモアグラフ4月号にヌードグラビア。

1967年(昭和42年)4月、『スペシャル』[注 4](関孝二監督)でデビュー。種村正[注 5]MAGプロに所属[3]乱孝寿林美樹と一緒[1][注 6]

1967年(昭和42年)、銀座地球座ピンク実演を開始。この時のこけら落としに内田高子松井康子と共に舞台挨拶に立っている[2]

1968年(昭和43年)頃、山邊信雄が週刊大衆(双葉社)の取材で利用した新宿のクラブで、ホステスをしていた谷ナオミを見つて、ヤマベプロに入れる[5][注 7]

1968年(昭和43年)、ヤマベプロ作品に出演し始める。

1968年(昭和43年)5月、東映『徳川女系図』に他の大勢のピンク女優と共に出演。谷の記憶ではMAGプロからの派遣[1]

1968年(昭和43年)、奇譚クラブ5月号の辻村隆『SMカメラハント』に出る。

1968年(昭和43年)、ヤマベプロの『続・花と蛇 赤い拷問』の伊豆・下賀茂でのロケの様子が 奇譚クラブ1968年(昭和43年)10月号, p188鬼六談義』で紹介。賀山茂も参加。

1969年(昭和44年)、奇譚クラブ1月号,p233「奇クサロン」に谷ナオミピンク実演の観劇レポートが[注 8]

1969年(昭和44年)2月1日、渋谷に『谷ナオミの店 マドリード』をオープン[6]

1969年(昭和44年)3月、スター24時間1969年(昭和44年)3月増刊号で銀座地球座でのピンク実演色情狂綺譚』(ヤマベプロ谷ナオミ桂奈美)の紹介。

1971年(昭和46年)頃、山邊信雄と代官山でスナックを始める[5][7][注 9]

SMキング 1972年(昭和47年)10月増刊号『特集・谷ナオミ 豪華写真集 緊縛の世界

1972年(昭和47年)、にっかつ『しなやかな獣たち』(監督:加藤彰、主演:田中真理)にゲスト出演[注 10]

1972年(昭和47年)、SMキング10月増刊号として団鬼六監修の『特集・谷ナオミ 豪華写真集 緊縛の世界』が発刊。

1974年(昭和49年)、にっかつ花と蛇』に出演。緊縛は浦戸宏

1974年(昭和49年)3月、Deluxe Qt!の『男殺しのオッパイ 谷ナオミ SMで悩殺』で「劇団”ナオミ”を結成し」とある。

1974年(昭和49年)6月、劇団ナオミが未成年者の山谷ますみ[注 11]を雇用していた件で谷ナオミ山邊信雄が逮捕[注 12]。起訴猶予処分[1]

1976年(昭和51年)、日活ロマンポルノの女優カレンダーの12月のトリに選ばれている。この年、第22回アジア映画祭(韓国)に多岐川裕美などと参加。

1976年(昭和51年)2月27日ー4月20日、日劇ミュージックホールの「春の夜のおんな絵巻」に出演。演出は団鬼六[注 13]

1976年(昭和51年)頃、山邊信雄と破局[7]

1977年(昭和50年)、歌手・大道哲矢[注 14]と結婚[注 15]

1977年(昭和52年)、谷ナオミ劇団のマネジャーに新田栄が就任。

1978年(昭和53年)3月18日-24日、京橋アカデミー劇場で谷ナオミの実演『緋桜お梶 やわ肌がうずく時』の公演。

1978年(昭和53年)、1年後に引退することを発表。

1979年(昭和54年)3月、ビクターよりレコードアルバム『悶えの部屋』をリリース。

1979年(昭和54年)3月1-10日、鶴見橋ミュージックにて『谷ナオミ引退興行』

1979年(昭和54年)4月7日、『薔薇の肉体』(にっかつ, 1978)に対し、第2回日本アカデミー賞、優秀主演女優賞受賞[注 16]

1979年(昭和54年)、大宮DX劇場にて『谷ナオミ引退興行』

1979年(昭和54年)、引退。

1980年(昭和55年)2月、熊本に戻る。しばらくして、ノーパン喫茶「アマンド」と喫茶「ナオミの部屋」を開く。

1981年(昭和56年)頃、交通事故にまきこまれ8ヶ月入院。

1984年(昭和59年)、熊本にスナック「大谷[注 17]」をオープン[1]

1987年(昭和62年)、大道哲矢と離婚。

1998年(平成10年)、サンフランシスコで行われた映画祭の「ジャパニーズカルトアクトレス」特集で谷ナオミ出演作が20本上映。

2011年(平成23年)5月16日、港区増上寺にておこなわれた団鬼六の告別式で弔辞。

2011年(平成23年)7月2日、「Festival Pais Cinema」の「Japanese Roman Porno Night」にゲスト出演。

2013年(平成25年)7月、スナック「大谷」を譲り熊本で一人暮らし[8]

エピソード

  • 団鬼六は1998年(平成10年)の西村京太郎との対談で、「熊本でクラブのママをやっています。それにビデオ販売会社を福岡に作って順調に業績を伸ばしているそうです。・・・年に2・3度会っている。」[9]と述べている。このビデオ会社は春日市にある「ユアーズ・ナオミ」[1]
  • 「劇団ナオミ」を作ったのはヤマベプロ時代。劇団のマネージャーは山邊信雄で、たこ八郎、北海熊(=レオナルド熊)などが出ていた。たこ八郎は最初の1年ぐらい出ていた[1]
  • みうらじゅん・鈴木義明『永遠の女優 谷ナオミ』(コアマガジン, 2004)には、団鬼六谷ナオミのために書いた「縛り」脚本の最初が「鬼あざみ」であったとあるが、該当作が見あたらない。

代表作

ピンク映画1967年

  • スペシャル』(1967.4)(製作:新日本映画、監督:関孝二、出演:小柳リカ 谷ナオミ 達見典子 大月礼子 里見孝二 神原明彦 奈ケ岡信)
谷ナオミのデビュー作とされている。
過去に引きずられる女工員役。博多訛りで出演。
  • 続・悪徳医 女医篇[注 18](1967.05.23)(製作:日本シネマ、監督:福田晴一、出演:左京未知子 神原明彦 谷ナオミ 青山道子 港雄一)
  • 女の味』(1967.07)(製作:ワールド映画、監督:奥脇敏夫、出演:辰己のり子 谷ナオミ 加賀奈緒美 冬木喬三 二階堂浩 滝セリナ 叶その美 滝春美 宝まゆみ)
  • 奴隷未亡人』(1967.7.11)(製作:六邦映画、監督:渡辺護 出演:辰巳典子 谷那保美 野上正義 岩井まり)
婚約者に捨てられる娘の役。谷那保美の名で。"Slave Widow"として海外でDVD化されている。
  • 性の三悪』(1967.08.01)(製作:大蔵映画、監督:小川欽也、出演:谷ナオミ 滝リカ 林美樹 山吹ゆかり 長岡丈二 里見孝二 鶴岡八郎 九重京司 宮瀬健二 冬木喬三 中山哲二 二階堂浩 泉田洋志 椙山拳一郎)
売春組織に入れられ麻薬に溺れる役。
  • おヘソで勝負』(1967.8.5)(製作:国映、監督:関孝二、出演:辰巳典子 谷ナオミ
ヌードダンサー役。踊りを披露。
  • 肉刑』(東京興映, 1967.8.5)(脚本:中原朗、監督:小森白、撮影:小国守、照明:芳賀節郎、音楽:東儀太郎、録音:伊藤享、出演:美矢かおる 谷ナオミ 松井康子 山本昌平 椙山拳一郎 三海克郞 北島淳 長岡丈二 吉田純 宇江耕介)
  • ネッキング』(1967.8)(製作:ワールド映画、監督:奥脇敏夫、出演:谷ナオミ 林美樹 藤ひろ子 冬木京三 津山徹 二階堂浩)
  • 処女のためいき』(1967.8)(製作:寿プロ、監督:高木丈夫、出演:相原香織 谷ナオミ 祝真理
  • 女子大生の禁じられた花園』(1967.09.02)(製作:大蔵映画、監督:小川欽也、出演:光陽子 谷ナオミ 里見孝二 平山雄三 名和三平 泉田洋志 鶴岡八郎 九重京司 長岡丈二)
  • 暴欲の色布団』(1967.10.13)(製作:わたなべプロ、監督:渡辺護、出演:谷ナオミ 松井康子 長岡丈二)
  • 女体残虐図』(1967.10.28)(製作:大蔵映画、監督:酒匂真直、出演:谷ナオミ 林美樹 長岡丈二)
家出少女の役。
初の主演作品とされている。
素人売春婦役。

ピンク映画1968年

セックスを武器に男に復習をする役。
白黒ショーのスターに育てられる人妻役。
妹を養う売春婦役。

ピンク映画1969年

  • 女が満たされる時 魔性妻』(1969.01)(企画:岸信太郎、製作:谷奈緒美、脚本:団鬼六、監督:三樹英樹、出演:谷ナオミ 祝マリ 関真知子 松本由美子 王春蘭 井村弘史 吉田純 南浩二 中山英生 柳川敏子)[注 25]
  • 性遊戯』(1969.2)(製作:若松プロダクション、企画:若松孝二、監督・脚本:足立正生、撮影:伊東英男、録音:目黒スタジオ、出演:吉沢健 中嶋夏 山谷初男 青目海 小水一夫 秋山末知汚 真鍋由紀子 村山明美 青木裕二 竹永敬一 落合紀夫 吾妻ひかる 村井三枝子 中野隆治 杉田一夫 坂口真人)
  • 肉体の履歴書』(1969.3)(製作:ヤマベプロ、監督:宮口圭、脚本:団鬼六、出演:谷ナオミ
  • 肉体の歓喜』(1969.4)(製作:成人映画協会、監督:太田隆康?、太田邦康?,松原次郎?、脚本:団鬼六、出演:谷ナオミ 祝真理[注 25]
レズセックスを演技。
  • 女体地獄絵図』奇譚クラブ1969.9, p238で紹介。

ピンク映画1970年

ピンク映画1971年

社長夫人役。大学生と情事の末、大学生を殺す。
  • 妖艶みだれ壺 指のいたずら』(1971.7)(製作:六邦映画、監督:武田有生、出演:谷ナオミ[注 26] 美浪十四郎 瀬川宏 千原和加子 植村四郎 森山安雄 北見マヤ 亜蘭ひとみ 深野達夫)
女賭博師が弟の仇をとる鉄火場もの。
変態クラブのマダム役。
  • 性愛鑑定』(1971.9)(製作:国映、監督:渡辺護、出演:谷ナオミ
ぼいん
  • 続・指のいたずら つぼ地獄』(1971.10)(製作:六邦映画、監督:武田有生、出演:谷ナオミ
尼僧レスビアン。
フーテンになって旅をする高校生役。
  • 熟した女体』(1971.11)(製作:ミリオン、監督:武田有生、出演:谷ナオミ 宝井京子 神野ジーナ 藤ひろ子 市村謙二 今泉洋 三重街竜 堺碧朗 池端丈司 立石茂 吉山一巧み)
夫の病気でホテルの女中となった人妻役。

ピンク映画1972年

  • 寝室のテクニック まくら芸者の告白』(1972.01)(製作:六邦映画、監督:武田有生、出演:谷ナオミ 大樹レミ 神野ジーナ 湖彰 奈美和美 南ナナ 藤ひろ子 植村四郎 瀬川宏 小川純 前田五郎 古山一巧 春山大吉 鶴岡八郎)(芸者役。ポスターには「ボインの女王」)
  • 特殊三角関係』(1972.01)(製作:東京興映、監督:山本晋也、脚本:田村晋、出演:谷ナオミ 篠原千恵 野上正義
愛人役。本妻と愛人が男にセックスの罠をかける。
お座敷ショーの旅芸人役。
女刺青彫り師が性に燃えると背中に暗号が浮かび上がる。
  • 蛇女の熱い肌』(1972.06)(製作:東京興映、監督:山本晋也、出演:谷ナオミ 大月麗子 草野ミカ 北山亜紀 武藤周作 堺勝朗 吉田純 冬木京二 小川純 伝三郎)
  • 性の殺し屋』(1972.7)(製作:六邦映画、監督:谷ナオミ、脚本:松原次郎、出演:谷ナオミ 千草志保 暁奈美 三条聖子 山本昌平
初監督で主演。
  • しなやかな獣たち』(1972.02.09)(製作:日活、監督:加藤彰、出演:田中真理 嵯峨正子 谷ナオミ 原司郎 高見由紀 浜口竜哉 北上忠行 織田俊彦)
にっかつ初出演。ヤクザの情婦役。
  • 淫らな悪女 性遊記』(1972.09)(製作・配給:六邦映画、監督:武田有生、出演:谷ナオミ 若葉なつ子 友川ゆかり 小張聖子 椿純 小泉洋 小川純 滝沢秋弘 肥土尚弘 三重街竜)
名器の持ち主が温泉街でセックスとドスで大暴れ。
  • 飢えた淫獣』(1972.10)(製作:、監督:谷ナオミ、出演:谷ナオミ
監督作品。縄と責めのシーンが多い。
縄で縛られた乳房が印象的。

ピンク映画1973年

  • 日本猟奇事件』(1973.1)(製作:東京興映、監督:小森白 山本晋也 堀越善明、出演:谷ナオミ 宮下順子 大月麗子 国分二郎 林美樹
  • 猟奇 色情絵図』(1973.1)(製作・配給:六邦映画、監督:松原次郎、出演:谷ナオミ 千原和加子 城新子 あべ聖 森村山加 武藤周作 今泉洋 北村淳 小川純 *塚二郎 長岡丈二)
壺振り役。緊縛される。
父母が強盗で殺され、セックスで復習する娘役。
女板前が実の兄と知らずに愛し合う。
  • 性の完全犯罪』(1973.06)(製作:六邦映画、監督:久我剛、出演:谷ナオミ)
縛りと責めのシーン。
  • パンティー大作戦』(1973.07)(製作:六邦映画、監督:久我剛、出演:谷ナオミ)
コメディー。下着デザイナー役。
  • さすらいの悶え』(1973.8)(製作:六邦映画、監督:秋津隆二、出演:谷ナオミ 朝霧かず美)
関西ストリッパーが特別出演。
宝くじをあてた男との金がらみのセックス。
  • 性のピンチ』(1973.9)(製作:六邦映画、監督:秋津隆二、出演:谷ナオミ)
保険の外交員役。
  • 不倫の交情』(1973.10)(製作:大東映画、監督:渡辺護、緊縛:田中欣一、出演:谷ナオミ 国分二郎 城新子 松原光子)
人妻役。
  • 温泉場SEX実習』(1973.11)(製作:六邦映画、監督:秋津隆二、出演:谷ナオミ 青山美沙 青山ママ 神戸光子)
  • 魔女の密漁』(1973.12)(製作:大蔵映画、監督:渡辺護、緊縛:田中欣一、出演:谷ナオミ くるみ夏子)
  • 金髪黒髪性競淫』(1973.12)(製作:大蔵映画、監督:小川卓寛、緊縛:田中欣一、出演:谷ナオミ ルイーズ・スーザン 久保新二)
日米対抗セックス競艶。

にっかつ・ピンク映画1974年

  • 女子大生 性愛図』(1974.01)(製作:大東映画、監督:渡辺護、緊縛:田中欣一、出演:谷ナオミ 青山リマ 佐々木典子 国分二郎)
学園生活の自由恋愛。
  • 恍惚のおとし穴』(1974.02)(製作:大東映画、監督:渡辺護、緊縛:田中欣一、出演:谷ナオミ 青山リマ)
女上位のセックスプレイ。
  • 別れの性』(1974.03)(製作:大蔵映画、監督:渡辺護、緊縛:田中欣一、出演:谷ナオミ 松原えり子 野上正義
  • 花と蛇』(1974.06.22)(製作:日活、監督:小沼勝、脚本:田中陽造、原作:団鬼六、緊縛:浦戸宏、出演:谷ナオミ 坂本長利 石津康彦 藤ひろ子 あべ聖 八代康二 高橋明)
  • 生贄夫人』(1974.10.26)(製作:日活、監督:小沼勝、脚本:田中陽造、緊縛:浦戸宏、出演:谷ナオミ 東てる美 坂本長利 影山英俊 中平哲仟 高山千草 谷文太 庄司三郎 小見山玉樹)

にっかつ・ピンク映画1975年

  • 実録毒婦性絵巻 お伝色ざんげ』(1975.01.04)(製作:大蔵映画、監督:佐々木元、緊縛:田中欣一、出演:谷ナオミ
  • 三人の浮気妻』(1975.01.18)(製作:ワールド映画、監督:影山明文、緊縛:田中欣一、出演:茜ゆう子 宮圭子 谷ナオミ 椿じゅん)
  • 怪猫トルコ風呂』(1975.01.29)(製作:東映東京、監督:山口和彦、出演:谷ナオミ 大原美佐 室田日出男 真山知子 東てる美)
  • レスビアンの世界 -恍惚-』(1975.02.19)(製作:日活、監督:小沼勝、出演:有川美穂子 川村真樹 丘奈保美 安達清康 谷ナオミ 戸川昌子)
ゲスト出演で川村真樹とレスビアンプレイ。
  • 禁断 性愛の詩』(1975.03.21)(製作:大東映画、監督:渡辺護、緊縛:田中欣一、出演:谷ナオミ 東てる美 志摩京子)
  • 残酷 黒薔薇私刑』(1975.04.26)(製作:日活、監督:藤井克彦、原案:団鬼六、出演:谷ナオミ 東てる美 江角英明 高橋明 五條博)
  • お柳情炎 縛り肌』(1975.06.18)(製作:日活、監督:藤井克彦、原作:団鬼六、出演:谷ナオミ 東てる美 南ユキ 小島マリ 風間杜夫 三亜節朗 高橋明 織田俊彦)
  • 残酷 女高生(性)私刑』(1975.07.23)(製作:日活、監督:林功、出演:東てる美 内藤杏子 谷ナオミ 中島葵 宮崎あすか 浜口竜哉)
東てる美の母親役。
  • 黒薔薇昇天』(1975.08.09)(製作:日活、監督:神代辰巳、原作:藤本義一、出演:岸田森 谷ナオミ 芹明香 谷本一 高橋明 庄司三郎 山谷初男 牧嗣人 東てる美)
ブルーフィルムのモデル役。
  • 情炎夜這秘話』(1975.10)(製作:新東宝、監督:山本晋也、緊縛:田中欣一、出演:谷ナオミ 堺勝)
  • 新妻地獄』(1975.12.06)(製作:日活、監督:加藤彰、原案:団鬼六、出演:谷ナオミ 五条博 東てる美 井上博一 清水国雄 絵沢萠子)
  • 濡れた欲情 ひらけ!チューリップ』(1975.12.24)(製作:日活、監督:神代辰巳、出演:石井まさみ 安達清康 芹明香 江角英明 高橋明 奈良あけみ 谷ナオミ 二条朱実 間寛平 丘奈保美 浜村純 松井康子 小松方正)
ストリッパーで情婦役。
  • 花の女王蜂性狂乱』(1975.12.27)(製作:大蔵映画、監督:渡辺護、緊縛:田中欣一、出演:谷ナオミ 東てる美 青木真知子 東祐里子 谷了子 東山京子 南好子 秋山よし 西川みよ 冬木マリ 木村恵美 北川ミサ 榊原明彦 神戸誠 小川純 北村淳 小刈とおる)
  • おかきぞめ 新・花電車』(1975.12)(製作:ミリオン、監督:渡辺護、緊縛:田中欣一、出演:桜マミ 谷ナオミ)
  • 甘い体験 愛人関係』(1975.12)(製作:新東宝、監督:山本晋也、出演:谷ナオミ 野上正義)
  • 残虐女拷問』(1975)(緊縛:田中欣一、)

にっかつ・ピンク映画1976年

  • 残虐女刑史』(1976.01)(製作:新東宝、監督:山本晋也、緊縛:田中欣一、出演:南ゆき 茜ゆう子 谷ナオミ)
  • 犯す!』(1976.02.07)(製作:日活、監督:谷部安春、出演:八城夏子 蟹江敬三 岡本麗 山科ゆり 三川裕之 森みどり 高橋明 谷ナオミ 二條朱美)
  • 濡れた壺』(1976.03.19)(製作:日活、監督:小沼勝、出演:谷ナオミ 水乃麻希 立花りえ 藤ひろ子 内藤杏子 渡辺秀明 梓ようこ 日野道夫 中丸信 井上博一 田中小実昌)
  • 奴隷妻』(1976.06.12)(製作:日活、監督:加藤彰、出演:谷ナオミ 高橋明 花上晃 小泉郁之助 横田マツ子 水城ゆう)
  • 残酷縛絵伝奇[注 27]』(1976.08)(製作:新東宝興業、監督:山本晋也、緊縛:田中欣一、脚本:荒井晴彦、撮影:柳田友晴、音楽:森あきら、出演:谷ナオミ 今泉洋 南ゆき 野上正義 泉ユリ 坂本昭 ガイラ・チャン 松浦康 門前忍 尾川肇 中野リエ 深見ジュン 小谷五六兵ェ 楠正通 野口美沙 堺勝郎 港雄一)
  • 花芯の刺青 熟れた壺』(1976.09.25)(製作:日活、監督:小沼勝、出演:谷ナオミ 北川たか子 中丸信 花柳幻舟 蟹江敬三 長弘 結城マミ 小見山玉樹 北上忠行 近江大介 水木京一 伊豆見英輔)
  • 恍惚にっぽん ポルノ色蒲団』(1976.11.02)(製作:ミリオンフィルム、監督:岡本愛、出演:谷ナオミ 南ゆき 東大寺麗子 星亜矢子 北斗レミカ 野上正義 松浦康 今泉洋)
  • 幼な妻 絶叫!!』(1976.11.03)(製作:日活、監督:白鳥信一、出演:渚りな 坂本長利 水城ゆう中原潤 谷ナオミ)
  • 夕顔夫人』(1976.12.08)(製作:日活、監督:藤井克彦、 原作:団鬼六、出演:谷ナオミ 宮井えりな 鶴岡修 渡辺とく子 中丸信 桂たまき)

にっかつ・ピンク映画1977年

  • 悶絶!!どんでん返し』(1977.02.01)(製作:日活、監督:神代辰巳、出演:鶴岡修 遠藤征慈 粟津號 谷ナオミ 牧れいか 他)
  • (秘)温泉 岩風呂の情事』(1977.04.09)(製作:日活、監督:林功、出演:谷ナオミ 岡尚美 凡天太郎 清水国雄 八城夏子)
  • 性と愛のコリーダ』(1977.04.23)(製作:日活、監督:小沼勝、出演:八城夏子 小川亜佐美 神田橋満 井上博一 坂本長利 本田博太郎 宮井えりな 片桐夕子 谷ナオミ )
  • 檻の中の妖精』(1977.06.04)(製作:日活、監督:小原宏裕、原作:団鬼六、緊縛指導:謝楽斉、出演:谷ナオミ 佐竹一男 大河内稔 井上博一 岡本麗 牧れいか)
  • 女囚101 しゃぶる 』(1977.08.06)(製作:日活、監督:小原宏裕、出演:谷ナオミ 渡辺とく子 村上道夫 言問季理子)
  • 幻想夫人絵図』(1977.10.01)(製作:日活、監督:小原宏裕、原作:団鬼六、出演:谷ナオミ 飛鳥裕子 大河内稔 別所立木 織田俊彦 伊豆見英輔)
  • 谷ナオミ 縛る!』(1977.11)(製作:新東宝興業、監督:渡辺護、緊縛:田中欣一、脚本:高橋伴明、出演:谷ナオミ 鶴岡八郎 下元史郎 美川真弓 葉山英子 小港高江)[注 28]
  • 団鬼六「黒い鬼火」より 貴婦人縛り壺』(1977.12.10)(製作:日活、監督:小沼勝、原作:団鬼六、緊縛:浦戸宏、出演:谷ナオミ 高木均 渡辺とく子 花上晃 志賀圭二郎 田島はるか)

にっかつ映画1978年

  • 黒薔薇夫人』(1978.04.01)(製作:日活、監督:西村昭五郎、原作:団鬼六、緊縛:浦戸宏、出演:谷ナオミ 田島はるか 志賀圭二郎 結城マミ 大河内稔 高橋明 大川宏 古川哲唱)
  • 縄地獄』(1978.06.24)(製作:日活、監督:小原宏裕、原作:団鬼六 「やくざ天使」、緊縛:浦戸宏、出演:谷ナオミ 青木奈美 井上博一 高木均 藤健次 橘田良江)
  • 団鬼六 薔薇の肉体』(1978.09.09)(製作:日活、監督:藤井克彦、原作:団鬼六、緊縛:浦戸宏、出演:谷ナオミ 日高由央 亜湖 大河内稔 高橋明 織田俊彦)
  • 団鬼六 縄化粧』(1978.12.02)(製作:日活、監督:西村昭五郎、原作:団鬼六 「肉体の賭け」、緊縛:浦戸宏、出演:谷ナオミ 中島葵 山田克朗 日夏たより 高橋明)
  • おんなの寝室 好きくらべ 』(1978.12.23)(製作:日活、監督:白鳥信一、出演:宮下順子 谷ナオミ 原悦子 鶴岡修 本郷惇 石太郎)
  • 谷ナオミ しびれる 』(1978)(製作:新東宝、企画:岸信太郎、製作:鈴木邦夫、原作:戸塚純、監督:姿良三、脚本:神田明夫、撮影:小野進、出演:谷ナオミ 藤ひろ子 森村由加 奥ゆかり 山谷ますみ 奈良しづ江 酒田蘭子 山本昌平 小川純 今泉洋)

にっかつ・ピンク映画1979年

  • 谷ナオミ 縄肌地獄』(1979.05)(製作:新東宝、監督:渡辺護、緊縛:田中欣一、出演:谷ナオミ 小港高江 美川真弓 鶴岡八郎 下元史朗)
  • 団鬼六 縄と肌』(1979.07.21)(製作:日活、監督:西村昭五郎、原作:団鬼六 、緊縛:浦戸宏、出演:谷ナオミ 山科ゆり 橘雪子 青山恭子 山本昌平 椎谷建治 小山源喜 錆堂連 高木均 兼松隆 溝口拳 庄司三郎 水木京一 浜口竜哉 宮下順子)

にっかつ1984年

2001年以降

  • サディスティック&マゾヒスティック』(2001.01.27)(製作:日活、監督:中田秀夫、原作:団鬼六、出演:小沼勝 谷ナオミ 他)
  • Inside the Pleasure Dome of Japanese Erotic Cinema』(2011)(製作:Empreinte Digitale、監督:Yves Montmayeur、出演:Christopher Doyle 谷ナオミ 有末剛 小沼勝 西村昭五郎 杉本彩 林田義行 黒澤満 四方田犬彦 瀬々敬久)

雑誌

  • 谷ナオミ谷ナオミの化粧鏡藝能東西1976年(昭和51年)1月号(発行:新しい藝能研究室、編集人:小沢昭一)

SM雑誌

  • SMキング1972年(昭和47年)8月号創刊号のグラビア。その後毎月のようにグラビアに出る。
  • SMキング1973年(昭和48年)1月号増刊号『団鬼六監修 愛蔵版 緊縛の館
  • 『入学祝』SMコレクター1975年(昭和50年)5月号

写真集

谷ナオミ研究素材

  • ユーモアグラフ』、1967年(昭和42年)4月号のグラビア。
  • ユーモアグラフ』、1967年(昭和42年)10月号のグラビア。
  • 『LIZ 』手帖社、1967年(昭和42年)10月号
  • 『漫画サンデー』1967年(昭和42年)10月18日号のグラビア。写真は秋山庄太郎
  • 『別冊近代映画 新春スペシャルグラマー』近代映画社、1968年(昭和43年)1月号の表紙。
  • キューティ画報檸檬社、1968年(昭和43年)2月号
  • カメラ画報』(三世新社)、1968年(昭和43年)3月号。
  • 辻村隆『SMカメラハント 真白き柔肌の甘き香り』奇譚クラブ1968年(昭和43年)5月号
  • 夫婦生活 特別増刊 声出すヌード第1集』1968年(昭和43年)でグラビア紹介[注 29]
  • 『成人映画別冊増刊 セクシー秘ポーズ集』アート出版社、1968年(昭和43年)のグラビア。
  • ユーモアグラフ』、1968年(昭和43年)5月号のグラビア。
  • 成人映画』1968年(昭和43年)7月号で「肉の飼育」が紹介。
  • 別冊夫婦生活』1969年(昭和44年)2月号で谷ナオミの大型カレンダー。
  • 『スト劇訪問 池袋-地球座』別冊「現代小説」双葉社、1970年(昭和45年)2月, 第11集[注 30]
  • 実話とマンガ』1971年(昭和46年)12月号にグラビア。
  • 実話とマンガ』1972年(昭和47年)5月号にグラビア。
  • 『乳房が悶える鉄火女』PINKY1972年(昭和47年)8月号
  • 『ナイトショー』愛宕書房、1972年(昭和47年)12月創刊号の裏表紙。
  • ヤングガール1973年(昭和48年)3月号で'谷ナオミ紹介。
  • SMキング1973年(昭和48年)4月増刊号『緊縛の宴』(監修:団鬼六)
  • SMキング1973年(昭和48年)5月増刊号『谷ナオミ豪華写真集 緊縛の世界』(監修:団鬼六)
  • 『ポルノ女優から実業家に転身した谷ナオミ』プレイボーイ1973(昭和48)年6/12号
  • 男殺しのオッパイ 谷ナオミ SMで悩殺Deluxe Qt!1974年(昭和49年)3月号
  • SM映画10年史HOTマガジン1974年(昭和49年)10月号
  • (グラビア)週刊実話1975年(昭和50年)3月20日号
  • (グラビア)HOTマガジン 1975年(昭和50年)2月増刊号
  • 『すっぱ抜き!ピンク女優のオクの奥』LOOK 1975年(昭和50年)7月号
  • (グラビア)プレイボーイ1975年(昭和50年)8月12日号
  • 『艶美の年齢 谷ナオミ』平凡パンチ1975年(昭和50年)12月15日号、撮影:河合孝雄
  • 『ロマン・ポルノ 恍惚演技に賭ける女たち:新妻地獄』LOOK 1976年(昭和51年)1月号
  • 『愛戯に酔った恍惚の夜:花の女王蜂性競乱』LOOK 1976年(昭和51年)3月号
  • 『下町情緒』別冊PocketパンチOh!1976年(昭和51年)6月号、撮影:河合孝雄
  • 『残酷縛絵伝奇/花芯の刺青 熟れた壺』LOOK 1976年(昭和51年)11月号
  • 『前張りをはがされた女優たち』LOOK 1977年(昭和52年)3月号
  • 『檻の中の妖精』LOOK 1977年(昭和52年)7月号
  • 『にっかつ78年カレンダー』平凡パンチ1977年(昭和52年)11月7日号
  • 『谷ナオミ 縛る/貴婦人・縛り壺』LOOK 1978年(昭和53年)1月号
  • 美しき妖精たち PART2 河合孝雄作品集娯楽ABC1978年(昭和53年)4月10日増刊号(ミリオン出版, 1978)(モデル:谷ナオミ東てる美白川和子、梢ひとみ)
  • (グラビア)プレイボーイ 1978年(昭和53年)9月12日号
  • 『'79日活NUDEカレンダー』プレイボーイ 1978年(昭和53年)9月12日号
  • 『サドマゾ女優を妻にした私!』微笑 1978年(昭和53年)12月30日号
  • DONDON 1978年(昭和53年)12月号
  • 『ロマン・ポルノ恍惚ショット:縄化粧』LOOK 1979年(昭和54年)1月号
  • 『ロマン・ポルノ新春封切館:おんなの寝室 好きくらべ』LOOK 1979年(昭和54年)3月号
  • 『引退する”妖花”谷ナオミ』サンデー毎日 1979年(昭和54年)6月3日号
  • 『谷ナオミNUDE引退記念グラフ』プレイボーイ 1979年(昭和54年)7月17日号
  • 『輝く7人ポルノ映画を創ったスターたち』週刊実話 1979年(昭和54年)8月23日号
  • 『新企画 SMシリーズ 谷ナオミ』映画の友 (近代映画社) 1979年(昭和54年)9月号
  • 『ザ・ベストヌードIV』週刊実話別冊 1979年(昭和54年)12月30日号
  • 『鬼六・ナオミSM写真館 妖縄花』1980年(昭和55年)5月15日 日本出版
  • 『にっかつロマンポルノ花のヒット組同窓会(白川和子 田中真理 宮下順子 谷ナオミ 片桐夕子他)』週刊実話1981年(昭和56年)10月1日
  • 『特集 谷ナオミアルバム』SMセレクト 1984年(昭和59年)12月号
  • 『オトコの股間を噴火させたSEX天使たち30人の今』週刊大衆 1987(昭和62)年5/18号<30周年記念特大号・第3弾>
  • 『さよならロマンポルノ '71-'88 メモリアルブック』にっかつビデオフィルムズ 1988年(昭和63年)
  • 『ラストロマン1100 女神たちの微笑み』にっかつ出版 1988年(昭和63年)6月
  • 『あのピンク女優の近況』 FLASH 1991年(平成3年)10月22日号
  • 『有名人、その後!』週刊宝石 1992年(平成4年)3月5日号
  • 夢枕獏『谷ナオミ伝』in 団鬼六『美少年』(新潮社, 1997)
  • 『復活!日活ロマンポルノ「あの絶頂シーン」』週刊現代 2000年(平成12年)12月23日号
  • 『日活ロマンポルノ・絶頂妖精30人』アサヒ芸能 2001年(平成13年)5月3・10日号
  • 『NUDEGALS』プレイボーイ2002年(平成14年)10月22日号
  • 『ロマンポルノ懐かしき18人』フライデー2003年(平成15年)1月3日号
  • 『’80nudeグラフィック』プレイボーイ 2003年(平成15年)4月15日号
  • みうらじゅん・鈴木義明『永遠の女優 谷ナオミ』(コアマガジン, 2004)
  • 谷ナオミxみうらじゅん in 映画秘宝 (洋泉社) 2005年(平成17年)6月号
  • 団鬼六へ ぐるぐる巻きで逆さ吊り』in 文藝春秋2014年(平成26年)12月号「特別企画 弔辞 鮮やかな人生に鮮やかな言葉」

その他

  • 藤竜太郎『性生活の新百科』(駿河台書房, 1968)(モデル谷ナオミ)
  • 『季刊・藝能東西 炭冬号』(永福堂, 1976)
  • レコード『悶えの部屋』(ビクター, 1979)
  • 「特殊三角関係」(8mm)
  • 「お伝色ざんげ」(8mm)
  • 「裏町色ざんげ 谷ナオミ T-360」(8mm, ライリー)
  • 「縛りの美学 谷ナオミ T-361」(8mm, ライリー)
  • 「縛る!」 (8mm)
  • 「ラブロマンシリーズ しばり肌 PT3027」 (8mm, 制作:日活株式会社、提供:東映株式会社、販売:富士映像システム株式会社)(『お柳情炎 縛り肌』(日活, 1975.06.18)を8mmに編集したもの)
  • 「ラブロマンシリーズ 黒バラ夫人 PT3301」 (8mm, 制作:株式会社にっかつ、販売:東映芸能ビデオ株式会社)(『黒薔薇夫人』(日活, 1978.4.1)を8mmに編集したもの)
  • 「ラブロマンシリーズ なわ肌 PT3302」 (8mm, 制作:株式会社にっかつ、販売:東映芸能ビデオ株式会社)(『新妻地獄』(日活, 1975.12.06)を8mmに編集したもの)
  • 「のり合い妻」 (8mm 制作:ワールドシネ アンド ビデオ、販売:サン・グラフ)

参考資料

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 『女優谷ナオミ:伝説のSM女王』西日本スポーツに1999年(平成11年)2月2日から10月ぐらいまで連載
  2. 2.0 2.1 2.2 『ドキュメント成人映画』シネトピア10月15日増刊(ミリオン出版, 1978) 引用エラー: 無効な <ref> タグ; name "seijin"が異なる内容で複数回定義されています
  3. 3.0 3.1 3.2 みうらじゅん・鈴木義明『永遠の女優 谷ナオミ』(コアマガジン, 2004)
  4. 辻村隆『SMカメラハント 真白き柔肌の甘き香り』奇譚クラブ1968年(昭和43年)5月号
  5. 5.0 5.1 山邊信雄インタビュー by U, 2010
  6. 成人映画 no. 38
  7. 7.0 7.1 団鬼六『蛇のみちは―団鬼六自伝』(幻冬舎, 1997)
  8. 「この演劇的人生:女王の愛したかれすすき」朝日新聞2013年12月18日夕刊
  9. 西村京太郎・団鬼六『昭和ヒトケタ世代の現役宣言』幻冬舎『花は紅―団鬼六の世界』pp42-pp52 (幻冬舎, 1999)

注釈

  1. 真偽は不明。
  2. 「潮吹き女性」で有名だったトルコ(ソープ)嬢でセックスコンサルタント。『体当りマンハント旅行』(糸文弘監督。オスカープロ, 1966)に主演女優として出ている。松竹の『顔を貸せ』(1966)にも脇役で。著作には『マンハント』(朱雀社, 1959)、『体当たりマンハント旅行記』(第二書房, 1961)『世界の男グルメ・裏のウラ』(広論社, 1987)
  3. 谷は長尾が豊原路子を紹介したと述懐している。長尾の所属も「週刊大衆」編集員と誤記憶している。
  4. 豊原路子が「おスペ」で有名だったので、それにちなんで。『スペシャル』と同時上映されたのが白川和子のデビュー作『女子寮』(西スポより)。
  5. 俳優。の著作に「ナオミはTプロダクションの専属なので手が出せなかった。Yがナオミと結婚すると言いだし引き抜いてしまう。その後1年後にTのプロはつぶれる。」とあるが、このTが種村かもしれない。
  6. 山邊信雄の記憶と食い違う。山邊信雄はヤマベプロに所属した後に一時、MAGプロに預けたと述べている(私信 to U)
  7. 谷ナオミの記憶と不一致なので注意が必要。谷はMAGプロのピンハネを知り、ヤマベプロに移る、と述べている(西スポ)。
  8. 渋谷のC座。ヤマベプロ作『人妻地獄』で団鬼六脚本。看板には「奇譚クラブ連載<花と蛇>より」と。三景。谷ナオミ、鈴木通人、南弘二、竹原あこ。併映は『鞭と淫獣』。
  9. 『蛇のみちは―団鬼六自伝』では「小料理屋」となっている。
  10. にっかつの初出演作品となる。谷の発言では、その前後から日活から出演依頼が続いたが、固辞していたとある。
  11. 当時16才。年齢を偽って入団していた。「いろ包丁」「パンティ大作戦」「性の完全犯罪」に出演。
  12. この留置のために谷は『花と蛇』のアフレコができなかった。代理で中川梨絵が吹き込み。
  13. 全体で二部15景だが、その中の第一部第八景『大和路哀歌』が団鬼六の作・演出。第八景の出演は谷ナオミ、あきつ未来、夏ユリヤ、小川純、鶴見博。第一部の構成・演出;伊藤潤、第二部の作・選出:里吉しげみ、他の景での主な出演:松原美紀 小川純 舞悦子 浅茅けいこ 水原まゆみ あき竹城 コメディ天国など
  14. だいどう てつや。別名:大道一郎
  15. 相手は10代の頃、家でして熊本の「蘇州」というクラブにいた時に知り合った、同クラブの専属歌手。熊本ではしばらく同棲もしていたが、その後会っていなかった。久方ぶりに再会して結婚。「女囚101・しゃぶる」では大道一郎名で挿入歌「叱らないで」を歌っている。
  16. 舞台があるので授賞式は欠席した。この時の最優秀主演女優賞は大竹しのぶ。他の主演女優賞は梶芽衣子、松坂慶子、吉行和子。
  17. 大道哲矢の「大」と谷ナオミの「谷」を併せた名前。
  18. "Madame O"として2008年に米国リリース。
  19. 高熱にも関わらず逆さ吊りにされ水に漬けられる役を熱演したことが山本晋也により伝説化されている。
  20. 奇譚クラブ1968年(昭和43年)7月号にシナリオ掲載。またこのロケの様子が奇譚クラブ1968年(昭和43年)8月号『鬼六談義 残酷な話』に書かれている。
  21. 奇譚クラブ1968年(昭和43年)11月号, p164にシナリオ掲載。
  22. 奇譚クラブ1969年1月号, p233の読者感想に出てくる。
  23. 奇譚クラブ1968年(昭和43年)8月号『鬼六談義 残酷な話』で「「花と蛇」の愛読者が緊縛女優志願に来たので、京マコとして『肉体手形』に役を付け足す。」とある。
  24. 奇譚クラブ1968年(昭和43年)10月号『鬼六談義 どさ回りの話』の中で伊豆・下賀茂でのロケの様子が紹介されている。賀山茂が参加。奇譚クラブ1968年(昭和43年)9月号にシナリオ掲載。
  25. 25.0 25.1 奇譚クラブ1969年(昭和44年)7月号, p241に映画紹介。
  26. 26.0 26.1 「ボインの女王」
  27. 後に『残虐の女拷問』としてビデオ化
  28. 『谷ナオミ 乳房縛り』でVHSになっている。
  29. ソノシートつき。辰巳典子もグラビアに。
  30. 『女子大生の秘録』の舞台ショット。撮影:小林正義。月三子と。

お役たちweb

つながり

団鬼六 山邊信雄 賀山茂 辻村隆 浦戸宏 たこ八郎 田中欣一