関孝二

提供: SMpedia
移動先:案内検索

せき こうじ、1911年(明治44年)-

概要

別名

[1]、関孝司、関孝志

略歴

1911年(明治44年)、東京浅草生まれ[1]

1930年前後、新興キネマ・東京大泉撮影所に大道具副主任として入社。父が大道具主任[1]

1940年前後、助監督に転じた後、『隣組』で監督デビュー。大陸に渡り華北電影に入るが現地召集[1]

1947年(昭和22年)、目黒に今村貞雄と「ラジオ映画[注 1]を設立。日本テレビやTBSで動物映画を制作[1]

1950年前後、「日本放送映画」を設立し『ニッポン・イソップ物語』などのテレビ映画を監督。

1962年(昭和37年)、『情欲の谷間』(国映)が大ヒット。女ターザン(峰和子)を発案。群馬県の高中温泉で撮影[1]

1963年(昭和38年)、女ターザン(沼尻真奈美)シリーズの続編『情欲の洞窟』を奥多摩の氷川で撮影。沼尻真奈美が全裸で川を泳ぐ。内外タイムスの文芸部記者であった村井實が取材記事で「おピンク映画」と表現。これが「ピンク映画」の語源とされる。同時に「エロダクション」という表現も他の記者が使い出す[1]

1967年(昭和42年)4月、『スペシャル』(新日本映画)で谷ナオミが女優デビュー[注 2]

1967年(昭和42年)、『変態魔』(日本シネマ)で立体ピンク映画。

1968年(昭和43年)、『恐怖のサディスト 異常性犯罪史』(新日本映画)で立体透視映画。主演は渚まり

1970年(昭和45年)、ピンク映画と実演の“連鎖劇”『秘密クラブの女』『蛇淫の館』

エピソード

代表作

  • 『情欲の洞窟 』(国映, 1963)
  • スペシャル』(1967.4)(製作:新日本映画、監督:関孝二、出演:谷ナオミ 小柳リカ 達見典子 大月礼子 里見孝二 神原明彦 奈ケ岡信)
  • おヘソで勝負』(1967.8.5)(製作:国映、監督:関孝二、出演:谷ナオミ 辰巳典子

引用文献

注釈

  1. 「ラジオ映画撮影所」をレンタルスタジオとしてスタート。1953年(昭和28年)頃、今村貞雄は株式会社南方映画社をテレビ映画株式会社と商号変更しラジオ映画を吸収合併した。
  2. 出演:小柳リカ、達見典子、 大月礼子、 里見孝二、 神原明彦、 奈ケ岡信

お役たちweb

つながり

谷ナオミ