地球座

提供: SMpedia
移動先:案内検索

ちきゅうざ

概要

恵通グループの映画館の名前で、新宿地球座、銀座地球座、池袋地球座があった。一時期、ピンク映画の上映と併せてピンク実演をおこなっていた。

別名

所在地

新宿地球座は歌舞伎町の地球会館の4Fにあった。他には新宿座と地球飯店やムーランルージュが入っていた。現在の新宿ジョイシネマ2

歴史

1947年(昭和22年)4月:林瑞祥がムーランルージュ新宿座を買収。劇場経営に着手する。

1947年(昭和22年)12月:新宿地球座・新宿座(後の新宿ジョイシネマ)開館。

1948年(昭和23年)5月:現在のヒューマックスグループの前身となる恵通企業株式会社を設立。

1958年(昭和33年)12月:新宿地球会館落成。

1965年1(昭和40年)1月:ジョイパックフィルム株式会社(現在のヒューマックスシネマの前身)設立。

1967年(昭和42年)、邦画名画座からピンク映画上映館に路線変更すると同時に、ピンク実演を開始。こけら落としに内田高子松井康子谷ナオミが舞台挨拶[1]

1967年(昭和42年)10月:池袋地球会館(豊島区南池袋1-21-2)落成。

1969年(昭和44年)から、団鬼六の鬼プロ所属のたこ八郎劇団がピンク実演をやっていた。

1969年(昭和44年)3月、スター24時間1969年(昭和44年)3月増刊号で銀座地球座が紹介。

カジバシ座と少し違うのは、特定の劇団の出入りではなく、独立プロのビンク女優をヒロインに、機に応して、外部のプロダクションが持込みの型で公演することだ。」
婦女暴行奇談』(辰巳のり子)の紹介。
色情狂綺譚』(ヤマベプロ谷ナオミ桂奈美)の紹介。

1970年(昭和45年)、谷ナオミの池袋地球座での舞台写真が別冊「現代小説」1970年(昭和45年)2月, 第11集に収録。

1983年:新宿地球座が「歌舞伎町松竹」(後の新宿ジョイシネマ2)に館名変更。松竹映画の封切館となる。

1987年7月:恵通企業を株式会社ヒューマックスに社名変更。

1989年、「銀座地球座」と「銀座名画座」を合体分割して「銀座シネパトス」に。

エピソード

  • ビートたけしがよく通った映画館が地球座です。「…「当時、新宿に『地球座』というピンク映画館がありまして、よく2人で観に行ってました。映画の問に福島県(拳弘二)さんという方のコント(実演ヌードショー)があつてそれを見ているうちに 『俺もコメディアンを目指さなきやいけないんだ』 と思い出したように言い始めてました。」(南池袋時代の同居人・五十嵐誠氏)…」

引用文献

  1. 成人映画』1968年(昭和43年)4月号(通算28号)の「ピンク実演:決定的瞬間を生で見る迫力」より

注釈

お役たちweb

http://www.asahi-net.or.jp/~ia6t-tkhs/shinjukuchikyuza.htm http://a.sanpal.co.jp/hokutoh/shibuya/ebisu.html

つながり