鶴見橋ミュージック

提供: SMpedia
移動先:案内検索
鶴見橋ミュージックで1979年(昭和54年)3月で興行された『谷ナオミ引退興行』の大阪スポーツの広告。

大阪市西成区に1980年(昭和55年)頃まであったストリップ劇場。70年代には玉井敬友谷ナオミのSMショー。関西ニューアートとなる。

概要

大阪西成区にあったストリップ劇場。1980年には「関西ニューアート」と名前が変わっている。

別名

関西ニューアート

所在地

大阪市西成区鶴見橋2-9-1

歴史

1975年(昭和50年)、外人マナ板&マスターベーションショウ[1]

1978年(昭和53年)秋、玉井敬友のSMショー興行[2]

1979年(昭和54年)3月1-10日、谷ナオミ引退興行。

1979年(昭和54年)9月1-10日、玉井敬友のシアタースキャンダルがSMショー。

1980年(昭和55年)6月11日、「関西ニューアート」と改称[3]

2016年(平成28年)4月10日、閉館。

1978年-79頃の興行例

1978年(昭和53年)12月鶴見橋ミュージックでの『アドリアーネの会』の新聞広告(大阪スポーツ)。
  • 「実験 人工授精・舞桜子」(1978.11.1-10)
  • 「拷問地獄責 残酷白黒ショー」(1978.11.11-20)
  • 「日活現役 東裕里子」「トルコ式まな板実演」(1978.12.1-10)
  • アリアドーネの会 暗黒舞踏牝火山」(1978.12.31-1979.1.10)
  • 谷ナオミ 引退興行」(1979.3.1-10)
  • 「浮世絵残酷舞踏」(1979.3.11-20)

エピソード

引用文献

  1. STRIP MEMORIAL
  2. 寺島珠雄料金と吾妻京子とその他あれこれ』in 中谷陽「ストリップ昭和史」(1979,インテリジェンス社)
  3. 劇ジェロNOW

注釈

お役たちweb

つながり