にっかつ

提供: SMpedia
移動先:案内検索

にっかつ、19??年(昭和??年)-

活動内容

別名

english

略歴

1912年(大正元年)9月10日、日活株式会社創業。

1965年(昭和40年)、『黒い雪』(監督:武智鉄二)が摘発

1970年(昭和45年)、VTR室を設置。東映もこれに続く。

1971年(昭和46年)8月、一般映画製作を中断を決定。

1971年(昭和46年)11月、日活ロマンポルノを開始[注 1]

1972年(昭和46年)月、ロマンポルノ初のSM作品『ラブハンター熱い肌』(監督:小沼勝)

1972年(昭和46年)、ロマンポルノ裁判開始[注 2]

1972年(昭和46年)、旧・帝都座である新宿日活劇場を丸井に売却。

1974年(昭和48年)、団鬼六の『花と蛇』(監督:小沼勝、出演:谷ナオミ 坂本長利 石津康彦 藤ひろ子 あべ聖 八代康二 高橋明)

1978年(昭和53年)9月、社名を『株式会社にっかつ』に変更。日活ビデオフィルムズ(株)等を分社。

1979年(昭和54年)4月7日、谷ナオミが『薔薇の肉体』に対し第2回日本アカデミー賞、優秀主演女優賞受賞。

1979年(昭和54年)、谷ナオミ引退。

1980年(昭和55年)、ロマンポルノ裁判が最高裁で無罪確定。

1981年(昭和56年)、日活は経費削減のために長谷部安春西村昭五郎神代辰巳田中登小沼勝藤井克彦自鳥信一ら専属契約を解除[1]

1981年(昭和56年)、日活ビデオフィルムズ(株)から浦戸宏監督の「SM本番生撮りビデオ」シリーズ。

1983年(昭和58年)、賀山茂が『蛇の穴』(監督:藤井克彦、原作:団鬼六、出演:志麻いづみ, 花真衣, 水木薫)で緊縛指導。

1984年(昭和59年)、獅子プロ、雄プロ、プロ鷹と提携[1]

1984年(昭和59年)、早乙女宏美が『縄姉妹 奇妙な果実』(監督:中原俊)に出演。

1985年(昭和60年)2月23日、キネコ映画『ザ・折檻』(監督:佐々木一、原作者:伊集院剛[注 3]、出演:末次富士子 クララ 島津アンナ 早乙女宏美 若林あや子)。『ザ・折檻2』(監督:葵マリ)、『ザ・折檻3』(監修:伊集院剛、監督:葵マリ)と続く[注 4]

1985年(昭和60年)9月、AVに対抗すべくキネコ映画としての「ロマンX」シリーズ『箱の中の女』を発表。

1987年(昭和62年)、『赤い縄 ~果てるまで~』( 監督:すずきじゅんいち、原作:石井隆、出演:岸加奈子)で有末剛渡縛人が緊縛指導。

1988年(昭和63年)、ロマンポルノ終わる[注 5]。ロマンポルノ上映館を「ロッポニカ」に改名。「ロッポニカ」ブランドは1989年に終わる。

1993年(平成5年)、会社更生法の適用を申請。

1997年(平成9年)、社名を日活株式会社に戻す。

エピソード

代表作

引用文献

注釈

  1. 第1作は「団地妻 昼下りの情事」西村昭五郎、主演:白川和子、「色暦大奥秘話 」林功、主演:小川節子。
  2. 『愛のぬくもり』『恋の狩人・ラブハンター』『OL日記・牝猫の匂い』『女高生芸者』
  3. 監督:伊集院剛。撮影:佐々木一としているものもある。
  4. にっかつから中村幻児の「雄プロ」に外注された作品。
  5. 「ザッツ・ロマンポルノ 女神たちの微笑み 」(1988年6月11日) 監督:児玉高志

お役たちweb

つながり