乱孝寿

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動

らん こうじゅ

概要

女優。

別名

english

略歴

1941年(1941年)5月2日、大阪府大阪市に生まれる[1]

1957年(昭和32年)、高校を退学し新劇を始める[1]

1967年(昭和42年)、椙山拳一郎の紹介で新藤孝衛監督『初もの 日本㊙風俗史』で映画デビュー[1]

1969年(昭和44年)12月1日、『成人映画』第35号の表紙。

1971年(昭和46年)11月、日活の『団地妻 昼下りの情事』(監督西村昭五郎、主演白川和子)と『色暦大奥秘話』(監督林功、主演小川節子)に出演。

1975年(昭和50年)、劇団「艶舞座」を立ち上げ座長に[1]

1976年(昭和51年)10月11日、西船ミュージック劇場に藤ひろ子、ティミー杉本、木南清、ふじやま竜とともに出演[1]

1976年(昭和51年)頃、日活ロマンポルノ女優としてツルミ劇場大和ミュージックニュー丸子劇場などの各地のストリップ劇場に出演して人気[2]

1979年(昭和54年)3月1日〜10日、東洋ショー劇場にブルーリボン大賞受賞の日活ポルノ女優の乱孝寿出演[3]

1979年(昭和54年)4月1日、岸ノ里劇場のオープン公演に出演[4]

エピソード

  • 「らん たかす」と記しているwebサイトもある。

代表作

日本映画データベース

引用文献

注釈

  1. 奇譚クラブ1968年(昭和43年)7月号にシナリオ掲載。またこのロケの様子が奇譚クラブ1968年(昭和43年)8月号『鬼六談義 残酷な話』に書かれている。
  2. 団鬼六奇譚クラブ1969年(昭和44年)6月号の『鬼六談義 或る女優の話』の中で、「R映画の創立3周年記念」で制作費は従来の2倍。信州別所温泉での12日間のロケ。バス3台で移動。と書いている。おそらく鬼プロがからんだ作品。

お役たちweb

つながり