田中小実昌

提供: SMpedia
移動先:案内検索

たなか こみまさ、1925年(大正14年)4月29日 - 2000年(平成12年)2月26日

活動内容

作家。翻訳家。ストリップ関係者。

別名

略歴

1947年(昭和22年)、東京大学文学部入学。その後除籍処分。

1947年(昭和22年)5月、渋谷東横デパート4階の軽演劇小屋「東横第二劇場」で劇団「東京フォーリズ」で進行係助手。ラナー多坂のブラを取る係。ストリップの極めて初期にあたる。

1966年(昭和41年)、『体当りマンハント旅行』(糸文弘監督、原作:豊原路子、横浜マコ、南条ユカ、オスカープロ)のでトルコ風呂のマネージャー役で出演。制作は千中ミュージックの社長[1]深井俊彦も関与。

1970年前後、たこ八郎のたこ劇団に出演して、新宿の地球座でタコと田中の裸踊りをやった、とある。上演後、ゴールデン街の、田中の贔屓にしていた「前田」、タコの贔屓にしていた「小茶」で飲む、とある[2]

1979年(昭和54年)、直木賞受賞。

エピソード

  • 新宿ゴールデン街(東京都)の常連。
  • 『イザベラね』は深井俊彦へのオマージュ作品。文中、深井俊彦は大内先生として登場する。『イザベラね』は、田中が最後に聞いた深井の言葉。正邦乙彦は小杉、ジプシーローズはナンシーで登場。たこ八郎の「たこ部屋」の記述も多い。

代表作

参考資料

注釈


お役たちweb

つながり

深井俊彦