新東宝

提供: SMpedia
移動先:案内検索

しんとうほう

概要

東宝からスピンアウトして1950年代に名作を残した『株式会社新東宝』としての『新東宝』と、1960年代後半以降にピンク映画の製作会社として台頭した『新東宝映画株式会社』としての『新東宝』の2つの会社を指す略称。歴史を辿ると、両者には関連があるが、一般的には2つの『新東宝』を区別して扱う。

別名

english

歴史

1947年(昭和22年)3月、東宝株式会社の組合を脱退した俳優、監督が中心に「新東宝映画製作所」を設立。場所は世田谷区砧の東宝第二撮影所。大河内傳次郎、長谷川一夫、入江たか子、山田五十鈴、藤田進、黒川弥太郎、原節子、高峰秀子、山根寿子、花井蘭子、嵐寛寿郎、丹波哲郎などを抱える。渡辺邦男や黒澤明ら監督も新東宝に移籍。

1948年(昭和23年)4月、『株式会社新東宝』として設立、

1948年(昭和23年)4月、花沢正治が秦大三[注 1]の誘いで社員スチールカメラマンとして入社。

1955年(昭和30年)、大蔵貢が事実上の買収で社長。「安く、早く、面白く」で改革を試み、多くの新人を生み出したが、やがてそのワンマン体制から離脱者を生み出しす。

1957年(昭和32年)、『明治天皇と日露大戦争』(監督:渡辺邦男、出演;嵐寛寿郎)が大ヒット。

1958年(昭和33年)、『新東宝株式会社』に商号変更。

1960年(昭和35年)、大蔵貢は追放され、1962年(昭和37年)1月に大蔵映画を設立。

1961年(昭和36年)8月31日、倒産。この後、関西支社の有志が「新東宝興行株式会社」を作る。こちらはピンク映画の『新東宝』。

1963年(昭和38年)6月、新東宝興行株式会社から『日本残酷物語』(監督:中川信夫 小森白 高橋典)が製作・配給。

1964年(昭和39年)、新東宝興行株式会社新東宝映画株式会社に商号変更。こちらはピンク映画の『新東宝』。

1964年(昭和39年)、新東宝株式会社国際放映株式会社に商号変更。

1967年(昭和42年)、此の頃、新東宝興業関西株式会社の名で制作された映画がいくつかある[注 2]

1992年(平成4年)、TBS、フジテレビ、関西テレビ放送との共同施設東京メディアシティとなる。

2007年(平成19年)、フジテレビが撤退。

2011年(平成23年)2月17日、東宝の完全子会社となり、阪急阪神東宝グループの1社。

エピソード

主な代表作

一般映画としての新東宝

  • 白蝋城の妖鬼』(新東宝, 1957)(監督:曲谷守平、原作:島本春雄、出演:丹波哲郎)

ピンク映画としての新東宝

研究本

引用文献

注釈

  1. 秦豊吉の実弟で写真家。
  2. 女体国際市場』(1967)(製作:東京興映・新東宝興行関西、監督:小森白、出演:美矢かおる 清水世津 谷ナオミ 林美樹 白川和子 一星ケミ 武藤周作 小南清 長岡丈二 北村淳 二階堂浩)など。
  3. 後に『残虐の女拷問』としてビデオ化
  4. 『谷ナオミ 乳房縛り』でVHSになっている。
  5. 花真衣 濡れ肌刺青を縛る』としてビデオ販売。
  6. 原題...昭和群盗伝2 月の砂漠

お役たちweb

つながり

映画における緊縛指導(1):名和弓雄-最初の緊縛指導者?