檸檬社

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概説

1961年(昭和36年) 頃に高倉一により設立された出版社[1]。『小説読切』,『オール読切』などの実話系雑誌からスタートし、週刊男性雑誌の前身ともいえる『ヤングマン』、官能劇画雑誌の草分け『漫画大快楽』など、1982年(昭和57年)に解散するまでの20余年で、多くの注目すべき娯楽雑誌を生み出した。文献資料刊行会と密接な関係。

歴史

1961年(昭和36年) 頃、高倉一により設立。

1982年(昭和57年)、解散。

所在地

東京都新宿区四谷1-24ニュー上野ビル5F

東京都新宿区四谷2-3 1971年頃

代表的な雑誌・書籍

雑誌

  • 小説読切
  • オール読切
  • ヤングマン
  • キューティ画報[注 1]1966年(昭和41年)10月-1972.4(確認中)
  • 小説女性』1969年(昭和44年)1月(編集人:吉岡静子)
  • Pinkyパンチ』1970年頃〜
  • 黒の手帖』1971年(昭和46年)5月〜1972年(昭和47年)9月
  • miniエロチカ』1971年(昭和46年)8月〜
  • Deluxe Qt!』1972年(昭和47年)〜
  • PINKYパンチ』(編集・発行人:高倉一)
  • Bunny』(文献資料刊行会)(編集・発行人:高倉一)
  • SMファンタジア』1974年(昭和39年)11月号〜1975?
  • ガリバー(GULLIVER)[注 2]1978年(昭和53年)2月〜(編集人:高倉一)
  • 8ミリマガジン』1978年(昭和53年)11月1日(編集人:那須正和、発行人:下平一郎)
  • ガリバー増刊/SM官能アルバム 緊縛のバラード』1979年(昭和54年)12月15日(監修:風俗奇譚クラブ、編集:文献資料刊行会、発行人:粕谷幸夫、カメラ:津田幸郎、増田淳、荒川信二、永井久、青木冬彦、モデル:吉永和歌子、水谷百合、森玲子、反川ゆかり、杉浦恵子)
  • 漫画大快楽』1979年(昭和54年)頃〜
  • 漫画バクダン』1980年(昭和55年)頃
  • ZOOM IN』1980年(昭和55年)1月〜(編集人:ピック・プランニン)
  • コミック1』1981年(昭和56年)2月〜(編集人:百瀬諒一)

書籍

  • 下平一郎詩集 遠い笛』(1980.11, 檸檬社)
  • 谷口敬『水の戯れ』』1982年(昭和57年)

エピソード

  • 風俗奇譚」で知り合った三島由紀夫には『ヤングマン』に書いてもらったこともある[1]
  • 『キューティ画報』の1967年(昭和42年)12月1日号は檸檬社になっているが、1972年(昭和47年)4月1日〜1974年(昭和49年)2月1日は文献資料刊行会になっている。
  • 菊一文字と亀和田武がアリス出版に。
  • 小向氏は檸檬社をやめて自販機本に専念[2]

引用文献

  1. 1.0 1.1 永江朗アダルト系出版社のルーツを探せ!』in 別冊宝島「性メディアの50年」(宝島社, 1995)
  2. http://shadow-city.blogzine.jp/net/2010/06/post_121a.html

注釈

  1. 別冊YOUNGMAN改題/表紙:火鳥こずえ/浅井ルリ子・中条亜利砂・原田奈美子・渚マリ ほか
  2. 宮西計三、秋山祐徳太子、荒木経惟などが執筆したカルチャー雑誌。

お役立ちweb

つながり

文献資料刊行会 アリス出版