ピンク映画

提供: SMpedia
移動先:案内検索

ぴんくえいが

別名

english

主な出来事

1962年(昭和37年)3月、小林悟監督による最初のピンク映画とされる『肉体の市場』[注 1]を協立映画から発表[注 2]

1962年(昭和37年)11月、本木荘二郎が『肉体自由貿易』(国新映画)を制作。この作品をピンク映画第1号とする説もある[注 3][1]

1963年(昭和38年)、内外タイムスの文芸部記者であった村井實関孝二監督の『情欲の洞窟』を取材した際、「おピンク映画」と表現。これが「ピンク映画」の語源とされる。

1963年(昭和38年)9月、若松孝二が『甘い罠』(東京企画、睦五郎、香取環)で監督デビュー。

1964年(昭和39年)、小森白監督の『日本拷問刑罰史』(新東宝)。緊縛指導は名和弓雄。製作=小森白プロダクション、配給=新東宝映画。

1965年(昭和40年)、若松孝二の『壁の中の秘事』がベルリン国際映画祭に出品[注 4]

1965年(昭和40年)、山邊信雄団鬼六が『花と蛇』を制作。詳細は1965年版「花と蛇」

1967年(昭和42年)、『独立映画配給者協議会』が結成。大蔵映画日本シネマ関東ムービー国映東京興映葵映画関東映配ワールド映画明光セレクト六邦映画が加盟[2]

1967年(昭和42年)4月、谷ナオミが『スペシャル』(関孝二監督)でデビュー。

1967年(昭和42年)、デンマークでポルノ解禁。通付いて、69年にはノルウェーで。

1974年(昭和49年)、にっかつ『花と蛇』(監督:小沼勝、緊縛指導:浦戸宏、主演:谷ナオミ) 。

エピソード

  • 戦後すぐに発行された『猟奇』などのエロ雑誌は『桃色雑誌』と呼ばれていたので、少なくとも戦後には「エロ=桃色」という記号が広まっていた。

代表作

引用文献

  1. アダルトメディアランダムノート
  2. 成人映画 1967年(昭和42年)No. 15, p17

注釈

  1. 主演:香取環。助監督は小川欽也
  2. 協立映画が、大蔵映画大蔵貢によって設立されたペーパーカンパニーという説があり、もしそうならば、当時大蔵映画は六番目の大手だったので、ピンク映画の定義(独立プロダクション製作によるセックス映画)から外れる。大蔵の「太平洋戦争と姫百合部隊」が未公開のため、協立映画作としたという説。ただし、この一連の説に、小川欽也監督は異議。(『アダルトメディアランダムノート』より)。
  3. 後藤敏説。他の説は3月公開の小林悟『肉体の市場』(協立映画)をそれとする村井実説。
  4. 西ドイツの映画業者が独自に出品したので「国辱もの」と物議をかもす。

お役たちweb

つながり