夫婦生活

提供: SMpedia
移動先:案内検索
夫婦生活1950年(昭和25年)1月号

ふうふせいかつ、1949年(昭和24年)ー1970年代初め?[注 1]。 1949年(昭和24年)に創刊された婦人雑誌ブームの火付け役ともいえる雑誌で全盛期には35万部出版。1970年には増刊『SM立体カラー医学カード』が。

概要

1949年(昭和24年)に『』の改題として増永善吉により創刊された婦人雑誌ブームの火付け役ともいえる雑誌。1955年(昭和30年)に一時休刊となるが、1957年(昭和32年)頃復刊し、1970年代まで続いた雑誌。全盛期には35万部出版されたと言われている。キャッチは「二人で読む実益家庭雑誌」。高倉一が3号目から編集員として参加している。1970年には増刊『SM立体カラー医学カード』が出ている。

発行年・出版社

1949年(昭和24年)6月、鱒書房(「夫婦生活社」との記載もあり)

1953年(昭和28年)7月、夫婦生活社 

1954年(昭和29年)4月、記事「世にも不思議な夫婦生活物語」がわいせつとみなされ『夫婦生活』4月号が摘発

1955年(昭和30年)、家庭社

1968年(昭和43年)は手帖社となっている。

発行人・編集人

編集兼発行人:茂木英二(昭和25年1月号)

編集人:末永勝介(2代目編集長)[注 2][1]

編集人:仲木都富(3代目編集長)

発行人:増永善吉

主な出来事

1949年(昭和24年)6月、『』(鱒書房)の改題として増永善吉により創刊[注 3]

1950年(昭和25年)1月、通巻7号は35万部で、「文芸春秋」「中央公論」をしのいだ[1]

1953年(昭和28年)7月、夫婦生活社 東京都千代田区内幸町二(幸ビル)90円 編集兼発行人 仲木都富

1955年(昭和30年)6月、家庭社から終刊号。

1957年(昭和32年)頃、家庭新社より復刊。

1966年(昭和41年)、2月号より手帖社

1968年(昭和43年)4月、手帖社が『LIZ』を改題して。『別冊夫婦生活

1969年(昭和44年)、『別冊夫婦生活』2月号で谷ナオミの大型カレンダー。

別冊・増刊

夫婦生活1959年(昭和34年)11月増刊号として『実話画報1』が家庭新社から発行

エピソード

  • B6版で創刊。
  • 創刊号7万部は発売当日に完売。急遽2万部を増刷。当時、書籍の増刷は極めて珍しかった[1]
  • 高倉一が3号目から編集員としていた。
  • 翻訳家の高橋豊が編集員としていた。
  • 式場隆三郎丸木砂土香山滋が執筆していた。
  • 土門拳が巻頭グラビアの写真を担当していた。
  • 小松崎茂が挿絵を描いた作品も掲載された。
  • 最盛期の1950年(昭和25年)1月には25万部の発行とも言われ、1954年(昭和29年)4月まで一度も摘発されなかった[2]
  • 1970年(昭和45年)5月号特別増刊『SM立体カラー医学カード』(監修:木村康雄)のタイトルに「SM」と入っているが、SMという言葉の誕生の歴史から見ると、タイトルにSMが入った書籍としてはかなり早い。

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 花田紀凱 戦後雑誌風雲録
  2. 橋本健午『本の未来を考える=出版メディアバルNo,6 発禁・わいせつ・知る権利と規制の変遷 -出版年表-』(出版メディアバル 2005年4月・刊)

注釈

  1. 1955年(昭和30年)に一時休刊。
  2. ペンネーム駒込公平。大宅壮一の弟子で「主婦の友」の編集長をしていた。「夫婦生活」の編集長をしていたことは言及したがらなかった
  3. 菊池寛が1933年(昭和8年)に文藝春秋社から創刊した情報誌。市井の話題を記者が記事とした軟派雑誌。

お役たちweb

つながり