六本木薫

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
石垣章奇妙な果実』緊縛は六本木薫

ろっぽんぎ かおる、(生年月日不詳)。1970年代から活動していた緊縛師。石垣章『奇妙な果実』、河合孝雄『さよならナオミ』などの緊縛を担当している。著書『縄師の回想』では後手縛りへのこだわりを書き残している。

概要

1970年代中頃から1980年代にかけて活躍した緊縛師。世田介一に近い関係にあったようで、SUN&MOONスペシャリーS&Mに多く作品を発表しているが、三和出版ミリオン出版からのSM雑誌にも発表している。1979年には谷ナオミの引退記念写真集『さよならナオミ』の、1982年には 土曜漫画創刊 25周年記念作品撮影石垣章『奇妙な果実』の緊縛師を担当している。1986年には単行本『縄師の回想』を出版している。

別名

略歴

1975年(昭和50年)頃、世田介一に頼まれ、緊縛を始める[注 1]

1977年(昭和52年)頃、SMセレクトに『カメラハント』シリーズ連載。

1978年(昭和53年)6月、スペシャリーS&M創刊号に六本木薫『縛りの工夫』。

1980年(昭和55年)2月25日、THE HIGH SUN&MOON第1号に谷ナオミの緊縛を担当することになったいきさつを書いている。

エピソード

  • 谷ナオミの引退記念写真集『さよならナオミ』の撮影の様子をエッセイとして作品発表している[注 1]

代表作

緊縛教材(印刷物)

書籍

写真集

雑誌

引用文献

注釈

  1. 1.0 1.1 六本木薫縄技縛芸 さらばナオミ - "妖花愛惜”の追想記 -THE HIGH SUN&MOON1980年(昭和55年)復刊第1号, p148
  2. 土曜漫画』版の再編集。

お役たちweb

つながり

世田介一 『奇妙な果実』- 石垣章