種村正

提供: SMpedia
移動先:案内検索

たねむら ただし、1933年(昭和8年) -[1]

活動内容

俳優。1960年代後半にMAGプロを主宰し、谷ナオミ乱孝寿林美樹などのピンク映画女優を抱えていた。

別名

english

略歴

エピソード

代表作

1963年(昭和38年)、『隠密剣士』(TBS)の何回か出演。宣弘社プロダクション製作。

1966年(昭和41年)7月、『』(製作:真映企画、監督:有吉実、出演:可能かづ子 谷口朱里 左京未知子 曾根成夫 種村正 泉田洋志)

1967年(昭和42年)1月、『縄と乳房』(制作:ヤマベプロ、監督:岸信太郎[注 1]、脚本:団鬼六、原作:『花と蛇』、出演:新高恵子、桝田くに子、山吹ゆかり、伊海田弘、種村正、北幸二、斎藤道子)

1967年(昭和42年)5月、『無軌道女性』(製作:ヤマベプロ、監督:松原次郎、脚本:団鬼六、出演:滝リエ 林美樹 山吹ゆかり 森三千代 種村正 山本昌平 里見孝二 明石剛 伊海田弘)

1968年(昭和43年)10月、『女浮世風呂』(製作:日活、監督:井田探、出演:林美樹谷ナオミ 美矢かほる辰巳典子 乱孝寿 内田高子 火鳥こずえ 泉田洋志 里見浩二 種村正)

1973年(昭和48年)6月、『炎の女豹』(製作:葵映画、監督:西原儀一、出演:林美樹 並木洋子 武藤周作 蔵田守 椙山拳一郎 伝三郎 種村正 土井五郎)

引用文献

  1. 山邊信雄氏へのインタビュー by U (2010.5.2)

注釈

  1. 日本映画データベースには監督が経堂三郎・岸信太郎となっているが、奇譚クラブ1967年(昭和42年)2月号のシナリオには岸信太郎の名前のみ。配役名も両者で異なる。ここでは奇譚クラブにしたがっている。

お役たちweb

つながり