野上正義

提供: SMpedia
移動先:案内検索

のがみ まさよし 1940年(昭和15年)3月2日-2010年(平成22年)12月22日

概要

ピンク映画の初期から多くの作品に男優として参加。若松孝二西原儀一小川欽也渡辺護山本晋也代々木忠他の監督作品に出演し、谷ナオミ新高恵子辰巳典子他、多くの女優と競演している。ベテラン男優として映画界での人望が高かった。男優のみならず、監督、脚本作品も少なくない。

別名

[1]、ガミさん。

略歴

1940年(昭和15年)3月2日、北海道白糠町に生まれる。

1964年(昭和39年)、ピンク映画に出演し始める。

1972年(昭和47年)、『性宴風俗史』(六邦映画)の監督。

1985年(昭和60年)、『ちんこんか ピンク映画はどこへ行く』(三一書房)刊行。

2009年(平成21年)、『老人とラブドール』(監督:友松直之)でピンク映画大賞男優賞受賞。『わいせつ性楽園 'おじさまと私』(監督:友松直之)ピンク映画大賞男優賞受賞。

2010年(平成22年)12月22日没。

エピソード

代表作

一部のピンク映画

書籍

野上正義ちんこんか ピンク映画はどこへ行く』(三一書房, 1985)

雑誌

引用文献

  1. 西原儀一伝聞。石動三六氏、私信 to U

注釈

  1. "Slave Widow"として海外でDVD化されている。

お役たちweb

つながり