里見孝二

提供: SMpedia
移動先:案内検索

さとみ こうじ、19??年(昭和??年)-

概要

男優。松竹から出発し、1960年代にヤマベプロなどの初期のピンク映画に出演していた。

別名

english、里見浩二、里見考二

略歴

エピソード

代表作

日本映画データベース

雑誌

引用文献

注釈

  1. 『続・花と蛇』を映画化したもの。奇譚クラブ1966年(昭和41年)11月号『鬼六談義 三文マニヤ文士』、中宮栄奇譚雑談 夜の徒然草奇譚クラブ1966年(昭和41年)10月号, p172、東山映史『最近の縛り映画から奇譚クラブ1966年(昭和41年)12月号, p14、および、奇譚クラブ1966年(昭和41年)10月号, p22「編集部便り」にこの映画について引用されている。
  2. 東山映史『最近の縛り映画から奇譚クラブ1966年(昭和41年)12月号, p14では、主演女優が小岸綾子のような書き方をしている。また日本映画データベースでは、 火鳥こずえの名がリストされているが、ポスターではここにリストされているキャスト名が明記されている。
  3. 奇譚クラブ1968年1月, p26に紹介。
  4. 団鬼六奇譚クラブ1969年(昭和44年)6月号の『鬼六談義 或る女優の話』の中で、「R映画の創立3周年記念」で制作費は従来の2倍。信州別所温泉での12日間のロケ。バス3台で移動。と書いている。おそらく鬼プロがからんだ作品。

お役たちweb

つながり