伊海田弘

提供: SMpedia
移動先:案内検索
ヤマベプロ1965年製作『花と蛇』チラシ裏(Nuit de Tokyo氏所蔵)

いかいだ ひろし、1931年(昭和6年)1月8日-1997年(平成9年)10月24日

概要

男優。1960年代にヤマベプロなどの初期のピンク映画に出演していた。宣弘社の『隠密剣士』などにゲスト出現していた関係から宣弘社出身の山辺信雄の作品に出るようになったものと思われる。1965年版「花と蛇」の主演男優、

別名

二階堂浩、二階堂博、伊海田浩

略歴

1931年(昭和6年)1月8日、新潟県に生まれる[1]

1940年代、駒澤大学に入学。

1950年代、大学卒業後は劇団七曜会に入団。

1959年頃、TVドラマや東宝映画の脇役。

1960年代、ピンク映画に出演。

エピソード

  • 声優としても活動。
  • 70年以降はTV番組の出演多数。

代表作

日本映画データベース

ピンク映画

1967.08.11 柔肌しぐれ  ヤマベプロ

引用文献

  1. Wikipediaより
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 1965年版「花と蛇」のエピソードも参照。

注釈

  1. 同名の映画が1983年にっかつから小沼勝監督で製作されている。
  2. シナリオが奇譚クラブ1967年(昭和42年)2月号に掲載。日本映画データベースでは原作が「花と蛇」となっている。
  3. ポスターでは監督は経堂+岸。奇譚クラブ1967年(昭和42年)2月号のシナリオには岸信太郎の名前のみ。配役名も長岡丈二種田正となっている。
  4. 日本映画データベースでは「新高恵子 桝田邦子 山吹ゆかり 伊海田弘 長岡丈二 北幸二 斎藤道代」となっている。

お役たちweb

つながり