新高恵子

提供: SMpedia
移動先:案内検索
新高恵子 ユーモアグラフ1966年(昭和41年)6月号より

にいたか けいこ、1934年(昭和9年)4月18日[1](1939年(昭和14年)4月11日という記述も過去にあった[2])。ピンク映画女優として『花と蛇』を原作とする『縄と乳房』(1967)などに出演。その後天井桟敷に参加し寺山修司の死去まで劇団の中心。団鬼六のお気に入り。

概要

1960年代前半、ピンク映画女優として人気を博した。西原儀一の作品によく出ていたが、やがてヤマベプロの作品にも出演し、団鬼六花と蛇』を原作とする『縄と乳房』にも出演している。当時の団鬼六のお気に入り女優の一人で、鬼六談義などに何回か新高恵子の名前が出てくる。ピンク映画のファンでもあった寺山修司が目をつけ、1967年(昭和42年)に自身の劇団『天井桟敷』に入団させたため、ピンク映画からアングラ劇の人気女優へと転身する。1983年(昭58年)、寺山修司の死のしばらく後に女優を引退し、表舞台から消えた。

別名

Keiko Niitaka、新高けい子、御園恵子[注 1]、藤田恵子、工藤琳子(本名)

略歴

1934年(昭和9年)4月18日、小学校教員の両親のもと、青森に生まれる[1]

1953年(昭和28年)、上京して東京文化短期大学に入学するが1年弱で退学[1]

1954年(昭和29年)頃、新宿にある「ボア」という美人喫茶で働く。やがて新宿駅南口のアルサロ「ヱびす」に転職。さらに叔母が横浜桜木町に経営していたスナックに移る[1]

1956年(昭和31年)、文化放送主催の「ミスQR[注 2]」に応募して選ばれる。発声法・演技法などを学ぶ[1]

1957年(昭和32年)頃、文化放送の推薦で東芝レコードの準専属歌手となる。芸名は藤田恵子。地方回りの仕事。当時全盛のキャバレーでの歌い、やがて銀座「金馬車」、横浜「ナイト・アンド・デイ」の専属歌手[1]

1960年(昭和35年)頃、西原儀一の西原企画で歌手(藤田恵子)として活動[3]

1961年(昭和36年)頃、CMタレントと共に、映画のちょい役にも出始める[1]

1965年(昭和40年)1月、新藤孝衛監督『乾いた舗道』(日本映画)(主演:香取環)で始めて台詞のある役。こと時新高恵子を名のる。[1]

1965年(昭和40年)5月、新藤孝衛監督『雪の涯て』(芸術映画協会)で主演。

1965年(昭和40年)9月、『肉体の報酬』(葵映画)を「隠密剣士」のスタッフで撮影[3]

1966年(昭和41年)、『愛欲の果て』で2役に挑戦[3]

1966年(昭和41年)8月、高木丈夫監督『蛇淫の肌』 (ヤマベプロ)。

1966年(昭和41年)8月、西原儀一監督『愛欲の果て』(葵映画)。

1966年(昭和41年)9月、飛田良監督『乳房の週末』(ヤマベプロ)。

1966年(昭和41年)、『別冊近代映画』や三世新社の『コミック画報』や『カメラ画報』に表紙・グラビアで特集されている。

1966年(昭和41年)、ユーモアグラフ6月号にカラーグラビアで特集[注 3]

1966年(昭和41年)11月1日、成人映画 No. 13の表紙。

1965年(昭和40年)-1967年(昭和42年)の2年間で30本以上のピンク映画に出演しする。小森白本木荘二郎西原儀一若松孝二小川欽也渡辺護などの監督作品に出演。

1967年(昭和42年)1月、経堂三郎岸信太郎監督『縄と乳房』(ヤマベプロ、脚本:団鬼六、原作:『花と蛇』)。

1967年(昭和42年)6月、天井桟敷[注 4]第2回公演『大山デブ子の犯罪』(新宿末広亭)[注 5]に出演。続いて『花札傳綺』。

1968年(昭和43年)、天井桟敷公演『新宿版千一夜物語』『伯爵令嬢小鷹狩鞠子の七つの大罪』に出演。

1969年(昭和44年)、天井桟敷公演『時代はサーカスの象にのって』『犬神』に出演。

1970年(昭和45年)、天井桟敷公演『イエス』『ブラブラ男爵』『市街劇・人力飛行機ソロモン』に出演。

1971年(昭和46年)、天井桟敷公演『邪宗門』に出演。

1971年(昭和46年)4月24日、寺山修司監督『書を捨てよ町へ出よう』  人力飛行機舎=ATG

1972年(昭和47年)、天井桟敷公演『走れメロス』に出演。

1979年(昭和54年)頃、新高恵子から新高けい子に改名[1]

1983年(昭58年)5月4日、寺山修司死去。

1983年(昭58年)5月21日-25日、『レミング 壁抜け男』八尾西武ホール

1983年(昭58年)7月31日、天井桟敷解散。女優を引退。

1980年代、カメラマン鈴木淑朗と結婚し映像制作会社「新高エトシ」を設立[1]

エピソード

  • 団鬼六のお気に入りのピンク女優の一人。奇譚クラブ1968年(昭和43年)5月号『鬼六談義 狐の話』に天井桟敷の末広亭公演を見に行ったことが書いてある。「大山デブ子の犯罪」新宿末広亭(1967年6月)のことか?
  • 1966年(昭和41年)頃、九條今日子が寺山修司に新高を紹介し、寺山が直接西原儀一にゆずってくれと頼みに来た[3]

代表作

ピンク映画時代

  • 乾いた舗道』(日本映画, 1965.01)(監督:新藤孝衛、出演:香取環 新高恵子)
  • 雪の涯て』(芸術映画協会, 1965.05)(監督:新藤孝衛、出演:新高恵子)
  • 肉体の報酬』(葵映画, 1965.09)(監督:西原儀一、出演:新高恵子 白川道子 野上正義 香月マヤ 細谷俊彰 鶴岡八郎 九重京司)
  • 歪んだ関係』(国映, 1965.09)(製作:矢元照雄、監督:若松孝二、出演:城山路子 新高恵子 林孝一 月ひろみ 藤田功)
  • 腐肉の喘ぎ』(青年芸術映画協会, 1965.09)(製作:矢元照雄、監督:新藤孝衛、出演:新高恵子 野上正義 )
  • 四つの乳房』(北星映画, 1965.09)(配給:日本シネマ、監督:三樹英樹、脚本:三樹英樹、出演:新高恵子 神原明彦 葵真由美 木南清 平野元)
  • 悪の卵』(シバタ・プロ, 1965.10)(監督:中村精、出演:新高恵子 大塚和彦)
  • 蜜のおとし穴』(日本シネマ, 1965.10)()  ... 倉田京子
  • 背徳』(プロ鷹, 1965.11)(監督:倉橋良介、出演:新高恵子 )
  • 第三の情事』(葵映画, 1965.11)(製作:後藤充弘、監督:千葉隆志、脚本:宗方三六郎、出演:新高恵子 林田光司 清水世津 白川道子 椙山拳一郎 谷隼人 井山弘史)
  • 情事に賭けろ』(葵映画, 1965.12)(監督:千葉隆志、脚本:中原朗、出演:火鳥こずえ 林田光司 新高恵子 巻映二 春丘志津 美咲容子 川部修詩 千葉竜)
  • あばかれた欲情』(東和企画, 1965.12)(監督:渋谷民三、出演:新高恵子 )
  • 女・三百六十五夜』(シネ・ユニモンド, 1966.02)(製作:高木丈夫、監督:高木丈夫 唐沢二郎、脚本:団慎吾、出演:新高恵子 華村明子 三枝陽子 飛田八郎 鶴岡八郎 生方健、主題歌:「女・三百六十五夜」新高恵子)
  • もだえの夜』(日本シネマ, 1966.02)(監督:山口哲郎、出演:新高恵子 )
  • くずれる女』(葵映画, 1966.04)(製作:後藤充弘、監督:千葉隆志、脚本:西原儀一、出演:城山路子 三枝陽子 生方健二 細谷俊彰 山本順子 新高恵子 日熊佐千代)
  • 色ざんまい』(日現プロ, 1966.04)(配給:関東映配、企画:美村晃広、製作:加藤修弘、監督:高木丈夫 、脚本:中井優、出演:新高恵子 佐京未知子 里見孝二 華村明子 千葉隆)
  • のたうち』(葵映画, 1966.05)(監督:渡辺護、出演:新高恵子 )
  • 肉体の会話』(シネアトリエ, 1966.06)(配給:日本シネマフイルム、制作・企画:安芸礼二、監督:久我光、出演:森公 森けい子 井村弘史 山中溪子 松井康子 新高恵子 中条まゆみ 今井敏夫)
  • 新・妾』(青年群像, 1966.06)(配給:国映、製作:矢元照雄、監督:中野弘也、出演:北御門杏子 新高恵子 千葉竜 港雄一 近衛敏明)
  • 女高生地帯』(武田プロ, 1966.06)(配給:大蔵映画、企画・製作・脚本・監督:武田有生、助監督:内藤三郎、出演:曽根成男 新高恵子 森まこと 巻映二 池田朱美 佐々木久美子 中條真弓 三船洋子 中山哲生)
  • 女高生のふるえ』(宮西プロ, 1966.07)(配給:東京興映、企画:大滝翠、製作:宮西四郎、監督:横井充、脚本:西田洋、出演:山仲溪子 新高恵子 奈加公子 菊村愛 杉山拳一郎 近松敏雄)
  • 新拷問刑罰史 拷問』(小森プロ, 1966.07)(配給:東京興映、企画・製作・監督:小森白、脚本:小森白 高木享、出演:香取環 志摩みはる 加山恵子 新高恵子 花葉子 藤園子 里見孝二 杉山拳一郎 吉田純 高松政雄)
  • 絶品の女』(扇映画プロ, 1966.07)(配給:配給=大蔵映画、製作:斉藤邦唯、企画:大島一城、監督:渡辺護、脚本:栄町はじめ、出演:新高恵子 左京未知子 岡本弘子 飛鳥公子 檜みどり 山本順子 曽根成夫 武藤周作 津崎公平 木元章介 田中敏夫 山崎武 花家五郎)
  • 蛇淫の肌』(ヤマベプロ, 1966.08)(高木丈夫、出演:新高恵子)
  • 愛欲の果て』(葵映画, 1966.08)(製作:後藤充弘、監督:西原儀一、脚本:中原朗、原作:後藤充弘、出演:新高恵子 椙山拳一郎 鶴岡八郎 平山雄三 松井康子 関根純子 松山美代子)
  • あなたの留守に?』(大蔵映画, 1966.08)(監督:小川欽也、出演:新高恵子 桂奈美 清水世津 鶴岡八郎 野上正義 椙山拳一郎 大塚ヤスオ 森公 大原百代 九重京司)
  • 色なさけ』(明光セレクト, 1966.08)(高木丈夫、出演:新高恵子)
  • 乳房の週末』(ヤマベプロ, 1966.09) (監督:飛田良、出演:新高恵子)
  • 炎の女』(葵映画, 1966.09)(監督・脚本:西原儀一、出演:香取環 新高恵子 林田光司 鶴岡八郎 浜裕子 成瀬恵子 椙山拳一郎)
  • 肌に泣く女』(ヤマベプロ, 1966.10)(製作:山邊信雄、監督:松原次郎、脚本:三樹英樹、撮影:小岩四郎、出演:新高恵子 坂樹まゆみ 里見孝二 四志譲二 泉ユリ 曾根成夫 森三千代)ポスター
  • 柔肌の掟』(ヤマベプロ, 1966.10)(監督:松原次郎、出演:新高恵子)
  • 禁じられた乳房』(大蔵映画, 1966.10)(監督:小川欽也、出演:新高恵子)
  • 肉色』(ヤマベプロ, 1966.11)(配給:関東映配、製作:山邊信雄、企画:寿御代子、監督:飛田良、脚本:花巻京太郎 、出演:新高恵子 山吹ゆかり 岡本弘子 桝田邦子 井上絃太郎 野上正義 長岡丈二 宮瀬健二)
  • 処女?戦慄』(日本歌演, 1966.11)(企画:菜穂俊一、製作:小島武三 松永六郎、監督:経堂一郎、脚本:久保安男、出演:野上正義 清水世津 新高恵子 桝田邦子 森公)
  • 愛情開眼』(ヤマベプロ, 1967.01.07)(配給:大蔵映画、監督:経堂三郎、出演:新高恵子)
  • 縄と乳房[注 6](ヤマベプロ, 1967.01)(企画:岸信太郎、寿御代子、製作:山邊信雄、脚本:団鬼六[注 7]、監督:岸信太郎[注 8]、出演[注 9]:枡田くに子 斎藤道子 山吹ゆかり 新高恵子 伊豆田弘 種村正 北孝二)

天井桟敷時代

  • 書を捨てよ町へ出よう』(人力飛行機舎=ATG, 1971.04.24)
  • トマトケッチャップ皇帝』(1971)
  • 田園に死す』(人力飛行機プロ=ATG, 1974.12.28)
  • 蝶服記』(1974) 
  • 迷宮譚』(人力飛行機舎, 1975.06)
  • 審判』(映画実験室人力飛行機舎, 1975) 
  • 疱瘡譚』(1975) 
  • マルドロールの歌』(映画実験室人力飛行機舎, 1977.06.14)
  • 二頭女-映画の影』(映画実験室人力飛行機舎, 1977.06.14) 
  • 書見機』(映画実験室人力飛行機舎, 1977.12.11)
  • FACE-風の日の紙のように私の上に貼りついてしまった』(1979.12.20)
  • 支那人形』(アルゴスフィルム, 1980) 
  • 草迷宮』(人力飛行機舎, 1983.11.12)
  • さらば箱舟』(劇団ひまわり=人力飛行機舎=ATG, 1984.09.08)
  • 身毒丸』(演劇実験室天井座敷, 1996.01.27) 

雑誌

引用文献

注釈

  1. ラテン歌手時代の芸名
  2. 「QR」は文化放送のコールサイン、JOQRに由来する。審査員は山野愛子、伊藤道郎など
  3. 「今や旗頭的存在の内田高子や松井康子をしのぐ売れっ子」「デビューが昨年の8月」と紹介。
  4. 『演劇実験室・天井桟敷』は1966年(昭和41年)発足。
  5. この公演の団鬼六観劇記が奇譚クラブ1968年(昭和43年)5月号鬼六談義『狐の話』に出ている。
  6. 同名の映画が1983年にっかつから小沼勝監督で製作されている。ただし、ストーリーに類似性はなく、全く別の作品と考えてよい。
  7. シナリオが奇譚クラブ1967年(昭和42年)2月号, p162に掲載。日本映画データベースでは原作が「花と蛇」となっている。
  8. 日本映画データベースでは監督が経堂一郎岸信太郎となっている。
  9. 日本映画データベースでは「新高恵子 桝田邦子 山吹ゆかり 伊海田弘 長岡丈二 北幸二 斎藤道代」となっている。

お役たちweb

つながり