可能かず子

提供: SMpedia
移動先:案内検索

かのう かずこ、1943年(昭和18年)2月28日[1]-

活動内容

別名

english、可能かずこ、可能かづ子、夏海千佳子

略歴

1965年(昭和40年)、若松孝二監督『壁の中の秘事』に主演。[注 1]

1966年(昭和41年)6月、ヤマベプロ『汚辱の女』で助演(監督:高木丈夫岸信太郎、脚本:黒岩松次郎[注 2]、出演:山吹ゆかり、松井康子、山本昌平太古八郎、配給:大蔵映画)。

1966年(昭和41年)11月、ヤマベプロ『女の破局 』で主演((監督:飛田良、出演:安田敏之、里見孝二、山吹ゆかり、水城リカ)。

エピソード

代表作

日本映画データベース

引用文献

  1. *村井実監修『ドキュメント 成人映画』(シネトピア10/15増刊, ミリオン出版, 1978)
  2. 奇譚クラブ1967年(昭和42年)8月号『鬼六談義 カメラ嫌い』

注釈

  1. ベルリン国際映画祭に出品。西ドイツの映画業者が独自に出品したので「国辱もの」と物議をかもす。
  2. 原作「山の肌」

お役たちweb

つながり