香取環

提供: SMpedia
移動先:案内検索

かとり たまき、1939年(昭和14年)10月21日[1]-2015年(平成27年)10月12日

活動内容

ピンク映画初期に活躍した女優。

別名

佐久間しのぶ[2] 久木登紀子(本名)[2]

略歴

1939年(昭和14年)10月21日、熊本県に生まれる[2]

日活第四期ニューフェイスに採用

1961年(昭和36年)、日活を退社。

1962年(昭和37年)3月、最初のピンク映画とされる小林悟監督『肉体の市場』(協立映画)の主演。

1966年(昭和41年)頃、葵映画の専属となり西原儀一作品に出演。

2015年(平成27年)10月12日、永眠。

エピソード

  • 九州女学院高校に在学中にミスユニバース熊本代表。
  • 「日本で最初のポルノ女優」「ピンク女優・第一号」と称されることもある[2]
  • 元夫は俳優の船戸順、ピンク映画監督の奥脇敏夫[2]
  • 白川和子は香取の付き人を担当していた時期がある[2]

代表作

引用文献

  1. *村井実監修『ドキュメント 成人映画』(シネトピア10/15増刊, ミリオン出版, 1978)
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 Wikipediaより

注釈

  1. 『続・花と蛇』を映画化したもの。奇譚クラブ1966年(昭和41年)11月号『鬼六談義 三文マニヤ文士』、中宮栄奇譚雑談 夜の徒然草奇譚クラブ1966年(昭和41年)10月号, p172、東山映史『最近の縛り映画から奇譚クラブ1966年(昭和41年)12月号, p14、および、奇譚クラブ1966年(昭和41年)10月号, p22「編集部便り」にこの映画について引用されている。
  2. 東山映史『最近の縛り映画から奇譚クラブ1966年(昭和41年)12月号, p14では、主演女優が小岸綾子のような書き方をしている。また日本映画データベースでは、 火鳥こずえの名がリストされているが、ポスターではここにリストされているキャスト名が明記されている。

お役たちweb

つながり