東京企画

提供: SMpedia
移動先:案内検索

とうきょうきかく、19xx年(昭和x年)-

概要

1960年代に東京都渋谷区道玄坂二丁目あたりに存在していたピンク映画プロダクション。社長は三田浩でその夫人三島佳子もプロデューサーとして参加していた。若松孝二や増田健太郎が監督して作品製作。

別名

english

所在地

東京都渋谷区円山町9[1]

歴史

1962年(昭和37年)5月、三田浩により設立[2]

1963年(昭和38年)、武重邦夫は熊井啓から今村昌平を通じて東京企画を紹介され、増田健太郎の『地下室のうめき』の助監督をつとめる。若松孝二国映に引き抜かれた時にあたる[3]

1965年(昭和40年)9月1日、『花と蛇』製作(1965年版「花と蛇」参照)。

1967年(昭和42年)、営業停止[2]

エピソード

代表作

引用文献

  1. 成人映画1965年(昭和40年)10月号の広告
  2. 2.0 2.1 2.2 Wikipediaより
  3. 「記憶の底の「地下室のうめき」」
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 1965年版「花と蛇」のエピソードも参照。

注釈

  1. 関連は不明

お役たちweb

つながり