熱海城

提供: SMpedia
移動先:案内検索
2012年(平成24年)での熱海城

あたみじょう。1959年(昭和34年)、熱海錦ヶ浦頂上にオープンした大規模な総合レジャーランド。1965年版「花と蛇」若松孝二『冒涜の罠』(1965)のロケ地。

概要

三浦美淑により1959年(昭和34年)に建てられた熱海錦ヶ浦頂上の娯楽施設。1965年版「花と蛇」若松孝二の『冒涜の罠[1]がここで撮影された。

別名

所在地

錦ヶ浦の曽我山頂上。

歴史

1958年(昭和33年)5月、月300人の作業員を動員して建設開始[2]

1959年(昭和34年)10月8日、熱海城の開場の前夜祭を大手町のサンケイホールで開催[注 1][2]

1959年(昭和34年)10月16日、熱海城の開場式。泉山三六元大蔵大臣が出席。一般開場は18日[3]

1964年(昭和39年)、熱海城建設の融資会社、日興不動産が返済を迫って競売の申し立てをおこなう[4]

エピソード

  • 錦ヶ浦は国が指定した公園地帯。自殺の名所として知られていた。
  • 地下一階には31に仕切られた名店街。地下二階には180畳敷きの大宴会場。地下三階には百坪の大浴場。理髪店、洗濯屋もついている。二階はステージ付きの70畳大広間が2つにビヤホール、レストラン、三階、四階は休憩用の客室が21部屋。五階は資料室。六階は展望台。七階は機械室[2]

引用文献

  1. 成人映画1965年(昭和40年)7月創刊号。
  2. 2.0 2.1 2.2 湯に町に賭けた或る商魂 ”熱海城”の天守閣』週刊サンケイ 1959年(昭和34年)10月4日号, p26-p29
  3. 熱海城の”開場式” まだ未完成のままだが』財界 1959年(昭和34年)11月15日, p46
  4. 熱海城危うし 一ケタ違ったお客の数』週刊新潮 1964年(昭和39年)10月5日号, p27

注釈

  1. 三浦美淑が育てたコロンビア歌手の大坪熱子が歌を披露。

お役たちweb

つながり