代々木忠

提供: SMpedia
移動先:案内検索

よよぎ ただし、1938年(昭和13年)3月18日-

概要

AV監督。映画監督。1960年代のピンク映画全盛期に、非映画畑出身者として映画界に参入。やがて日活の委託による作品を製作するプリマ企画で、ドキュメントタッチの独自の作風で注目を集める。日活ポルノ裁判の被告として法廷闘争を繰り広げた人物でもある。1974年(昭和49年)には自身のワタナベプロを設立し、山本晋也中村幻児などの監督作品を数多く製作した。1981年(昭和56年)には、ビデオ作品の製作会社アテナ映像を設立。ピンク映画時代のドキュメントタッチの作風をさらに先鋭化させ、『ザ・オナニー』シリーズなどのヒット作を次々に発表し、リアリズム作品としてのAVの方向付けをした仕掛人の一人としてみなされる。1983年(昭和58年)には長田英吉出演による『ザ・ドキュメント オーガズム』、翌年には根暗童子のドキュメント作品を製作している。2010年(平成22年)には、かつて助監督であった石岡正人による、代々木忠のドキュメント作品、『YOYOCHU SEX と代々木忠の世界』が制作された。

別名

Tadashi Yoyogi、渡邊輝男(本名)、佐々木忠、渡辺忠

略歴

1938年(昭和13年)3月18日、北九州小倉に誕生。父親は製紙会社の研究所に勤務。祖母は大工の棟梁[1]

1941年(昭和16年)頃、母親が盲腸の誤診で死亡。妹と共に母方の親戚を渡り歩く[1]

1943年(昭和18年)頃、父方の実家に落ち着く[1]

1945年(昭和20年)、終戦後まもなく父親が再婚し、小倉の実家に戻りいろいろな商売をするが、いずれもうまくいかず[1]

1950年代、定時制の高校に入るが、荒れた生活。サブちゃんというヤクザと知り合いになる。警察の副所長の子供に大けがをさせ、警察に目をつけられる生活[1]

1956年(昭和31年)、大阪に移り、花屋の店員をしながら華道の師範資格を取得[2]

1961年(昭和36年)、結婚するがすぐに離婚。小倉に戻りやくざとなる[2]

1964年(昭和39年)、組の三代目を襲名[2]。30人ぐらいの組で、採石場とストリップの全国興行を仕切る[1]

1965年(昭和40年)、指をつめ任侠道から足を洗い、上京[2]。小倉から3人の踊り子を連れて上京し、ヒモのような生活[1]ピンク映画ワールド映画に入社[注 1]

1967年(昭和42年)、ピンク映画の助監督。真湖道代と結婚[2]

1971年(昭和46年)、プリマ企画に入社[2]

1971年(昭和46年)8月、日活がラブホテル用「U規格」のポルノ作品を代々木忠などピンク映画系製作会社に発注し月産4作品で発表[注 2]

1972年(昭和47年)1月、代々木忠演出の日活作品「火曜日の狂楽」「ワイルドパーティ」が摘発[注 3][3]

1972年(昭和47年)1月、日活ロマンポルノが警視庁に摘発[注 4]梅沢薫監督『女高生芸者』も摘発対象となり、製作責任者として代々木忠が被告に。

1972年(昭和47年)、『ある少女の手記・快感』で監督デビュー。その後も外注先として映画製作。

1974年(昭和49年)、ワタナベプロを設立[2][注 5]

1976年(昭和51年)、タレント事務所「アクトレス」を設立。愛染恭子を所属タレントに。

1981年(昭和56年)12月、鬼闘光たちとアテナ映像を設立。ビデオ作品『愛染恭子の本番生撮り 淫欲のうずき』『ドキュメント・ザ・オナニー』がヒット。ロイヤリティ形式の契約での初の作品。

1982年(昭和57年)8月、日本初のキネコ作品、『華麗なる愛の遍歴 愛染恭子』を公開。

1982年(昭和57年)11月、『THE ONANIE』公開。

1988年(昭和63年)、劇場公開作から撤退し、ビデオ作品に専念。

2006年(平成18年)、アテナ映像の代表取締役を退き、監督業に専念。

2010年(平成22年)11月、『YOYOCHU SEX と代々木忠の世界』(2010, 監督:石岡正人)が第5回ローマ国際映画祭EXTRA部門に出品される。

エピソード

  • 第60回「代々木忠×週刊実話」で「SM調教師の根暗童子に撮影を申し入れた際、『調教は女の子の心理状態もあるので、たとえば1週間の間に、私は私の好きなときにやるが、それでもよければ』と言われた。僕らは、いつ彼が行動を起こしてもいいように、1週間現場に泊まり込み、24時間だれかが寝ずの見張りをした。この体験が『仕掛けて待つ』というドキュメントの手法を僕に教えたのだと思う。」と回顧している。

代表作

映画

AV

書籍

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 代々木忠快楽の奥義 アルティメット・エクスタシー』(角川書店, 2012)
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 YOYOCHU Sexと代々木忠の世界』(ゴールド・ビュー, 2010)の映画パンフレッドより
  3. 藤木 TDC『アダルトビデオ革命史』(幻冬舎, 2009)

注釈

  1. 一部、1963年(昭和38年)との記述もある。
  2. 、この段階ではまだビデオカメラではなく、機動性に優れていた16mmカメラが用いられていた
  3. 一審無罪、二審有罪・罰金20万円。
  4. 1980年(昭和55年)最高裁で無罪確定。
  5. 日活の下請会社。山本晋也の痴漢シリーズや未亡人シリーズでヒット。一部には1976年(昭和51年)設立の記述もあり。
  6. 第5回ローマ国際映画祭EXTRA部門出品
  7. Part 1〜7。
  8. 『好奇心2』の元となる作品。
  9. 『好奇心』の上映が終了してから約1年後の1985年秋に、再映するにあたりビデオ作品「梨花の排泄日記」を劇場公開向けに再編集し「好奇心2」として、「好奇心」とあわせて上映した。上映後、「好奇心2」は、アテナ映像からビデオ化され発売された。

お役たちweb

つながり

矢野浩祐