志村曜子

提供: SMpedia
移動先:案内検索
志村曜子 奇譚クラブ1968年(昭和43年)2月号より

しむら ようこ、19??年(昭和??年)-。1960年代中頃に活動していた劇団『赤と黒』の女優。ピンク映画鞭と肌』(67)などにも出演。「切腹」作品が奇譚クラブでしばしば話題となっていた。

概要

1966年(昭和41年)から1968年(昭和43年)頃までカジバシ座を拠点に活動していた劇団『赤と黒』の女優。1968年(昭和43年)の出演作『僕と恐怖の舞踏会ー女の切腹』は奇譚クラブ風俗奇譚に取り上げられている。劇団『赤と黒』からヤマベプロの作品に何作か出演している。

別名

略歴

ミス盛岡に選ばれる[1]

1965年(昭和40年)10月1日−10日、浜松のストリップ劇場「金馬車ミュージック」で戸塚純作演出の「めす猫の宿」全四景を上演。出演は麻木正美綾川しのぶ奈加公子、紫理子、丘百合子、志村曜子[2]

1967年(昭和42年)、芸術祭参加を目指した『僕と恐怖の舞踏会ー女の切腹』に出演[1][注 1]

エピソード

代表作

映画

  • 情事の階段』(ヤマベプロ, 1967.03)(配給:関東映配、監督:松原次郎、脚本:花巻京太郎、撮影:浅野友次、出演:志村曜子 林美樹 辰巳典子 長岡丈二 松田仙三 山本昌平 山吹ゆかり 左京未知子)
  • 夫婦生態白書より 夜泣く女』(青年芸術映協, 1967.4.22)(配給:関東ムービー、製作:原田博幸、企画:新船澄孝、監督:新藤孝衛、出演:桝田邦子 志村曜子 神原明彦 北村潤 久保新二)
  • 不毛の愛欲』(青年群像, 1967.4.22)(配給:関東映配、企画:津島友孝、製作:小諸次郎、監督:山下治、脚本:小諸次郎、撮影:斉藤剛、出演:観世亜紀 一星けみ 志村曜子 鶴岡八郎 野上正義)
  • 鞭と肌』(関東映配, 1967.06.11)(企画:寿御代子、監督:岸信太郎、脚本:団鬼六、撮影:船橋登、照明:加藤広明、原作:『花と蛇[注 2]、、出演:山本昌平、長岡丈二、江海田弘、里見孝二、大江健次、松田仙三、美川恵子、林美樹志村曜子、三田マサ、山吹ゆかり)

芝居

引用文献

  1. 1.0 1.1 南方純『劇団「赤と黒」の女の切腹奇譚クラブ1968年(昭和43年)2月号, p16
  2. 私たちも”春川ますみ”になりたい!』週刊漫画サンデー 1965年(昭和40年)11月3日号, p50-53.

注釈

  1. 作:尾形洋太郎、出演:土師寛、志村曜子。土師寛は「浅草出身の軽快な芸達者」とある。
  2. ポスターに「奇譚クラブ連載『花と蛇』より」と書いている。

お役たちweb

つながり