赤と黒

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

あいまいさ回避

劇団「赤と黒」、および高橋鐵が発行していたカストリ雑誌に分類される雑誌。

劇団『赤と黒』

劇団『赤と黒』 奇譚クラブ1968年(昭和43年)2月号より

概要

新橋にあったカジバシ座などでSM色の強いピンク実演をやっていた。少なくとも1966年(昭和41年)の春には活動していた模様。志村曜子林美樹藤田リカ白川和子が出ていたようだ。『赤と黒』の団員はヤマベプロの作品に何作が出演している。

劇団「赤と黒」歴史

1965年(昭和40年)10月1日−10日、浜松のストリップ劇場「金馬車ミュージック」で戸塚純作演出の「めす猫の宿」全四景を上演。出演は麻木正美綾川しのぶ奈加公子、紫理子、丘百合子、志村曜子[1]

1966年(昭和41年)、成人映画4月20日号(通巻9号)に3月15日から1週間、池袋のシネマ・リリオで公演上演された劇団「赤と黒」の記事。昨年の1月、浜松のストリップ劇場で劇団の名前もつけず「めす猫の宿」を公演とある。

1966年(昭和41年)、ユーモアグラフ4月号のグラビアに藤田リカが出ており、「劇団『赤と黒』に所属して」と紹介されている。

1966年(昭和41年)、ユーモアグラフ6月号のグラビアに林美樹が出ており、「ピンク劇団『赤と黒』で芝居に大ハッスル中」と紹介されている。

1967年(昭和42年)、風俗奇譚9月号に『劇団赤と黒「拷問くノ一」より』

1967年(昭和42年)、奇譚クラブ8月号『鬼六談議 カメラ嫌い』に「ピンク映画『鞭と肌』の女優のほとんどは劇団「赤と黒」の団員」とある。

1967年(昭和42年)、実話と手記 LOOK版8月号に「カジバシ座特報 拷問くの一 劇団『赤と黒』特別公演」。

1967年(昭和42年)、実話情報8月号に「劇団赤と黒 拷問くの一」

1967年(昭和42年)、風俗奇譚12月号に「拷問金瓶梅 赤と黒劇団公演より」

1968年(昭和43年)、風俗奇譚1月号に『志村曜子切腹シーン 劇団「赤と黒」』[注 1]

1968年(昭和43年)、奇譚クラブ2月号, p16に南方純『劇団「赤と黒」の女の切腹』と p18に山城七々男『舞台に見る女体切腹[注 1]

1968年(昭和43年)6月、S・Mグラフ6月創刊号に『拷問くノ一卍』として藤田リカ小川純らの舞台写真が紹介。

1968年(昭和43年)、奇譚クラブ6月号『鬼六談議 酒場の話』に「赤と黒はもうつぶれた」とある。

1970年代?、辰巳出版の「SM特集」の中に松野京一SM演劇裏ばなし 血と乳房』。「赤と黒」を主宰していたころのピンク実演の想い出話。

エピソード

  • 長田英吉が「性の仕事師たち」の中で「“劇団赤と黒”というのがあって、基本的には大衆芝居なんだけど、よく折檻シーンなんかでてきたね」と語っている。
  • 白川和子が出ていたと長田英吉『私のSM遍歴』SMマニア1996年(平成8年)10月号にある。

引用文献

  1. 私たちも”春川ますみ”になりたい!』週刊漫画サンデー 1965年(昭和40年)11月3日号, p50-53.

注釈

  1. 1.0 1.1 1966年(昭和41年)11月公演『僕と恐怖の舞踏会ー女の切腹』作:尾形洋太郎、出演:土師寛、志村曜子。芸術祭参加を目指していたがかなわなかったようだ。土師寛は「浅草出身の軽快な芸達者」とある。

つながり

SMショーの歴史


雑誌『赤と黒』

概要

高橋鐵峯岸義一とタイアップして創刊[1]。やがて『人間復興』(リファイン社)に改題。

歴史

1946年(昭和21年)9月、リファイン社から『赤と黒』創刊号「耽奇尖端特集号」。武野藤介高橋鐵ら。

1948年(昭和28年)、復刊第一號が三喜出版社から出ている。

引用文献

  1. おなごり座談会 悪書?製造者大いに語るあまとりあ1955年(昭和30年)8月終刊号

注釈

お役たちweb

つながり

警告: 既定のソートキー「あかあとくろ」が、その前に書かれている既定のソートキー「けきだんあかあとくろ」を上書きしています。