日本セントラル・プロ

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動

よみ

概要

1965年(昭和40年)10月1日−10日の浜松金馬車ミュージックでの「めす猫の宿」の成功を受け、戸塚純松野京一中村守恵の後援を得て設立したピンク劇団[1]

別名

主な出来事

1965年(昭和40年)11月1日−10日、平塚劇場にて日本セントラル・プロ(戸塚純松野京一)によるピンク実演。出演はA班の麻木正美綾川しのぶ奈加公子紫理子丘百合子志村曜子とB班の重光秀子林美樹糸井香子亜利絢子西岡圭子緋色凉子[1]

トピックス

  • 1965年(昭和40年)11月1日−10日、平塚劇場の公演では5日間をA班が受け持ち、トンボ帰りで映画に出演する。その後の5日間はB班が受け持った。その後、B班単独興行となり、東洋ショウ劇場、和歌山の中の島劇場に出演[1]
  • 男優陣は小人のマーちゃん、西田敏明、保浦雄、大江重幸[1]

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり