戸塚純

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動

なまえ 19xx年(昭和xx年)月日 - 19xx年(xx年)月日

概要

映画脚本家。

別名

略歴

1965年(昭和40年)10月1日−10日、浜松のストリップ劇場「金馬車ミュージック」で戸塚純作演出の「めす猫の宿」全四景を上演。出演は麻木正美綾川しのぶ奈加公子、紫理子、丘百合子、志村曜子[1]

1965年(昭和40年)11月1日−10日、平塚劇場にて日本セントラル・プロ(戸塚純松野京一)によるピンク実演。出演はA班の麻木正美綾川しのぶ奈加公子紫理子丘百合子志村曜子とB班の重光秀子林美樹糸井香子亜利絢子西岡圭子緋色凉子[2]

エピソード

『砂利の女』の脚本家。

代表作

引用文献

  1. 私たちも”春川ますみ”になりたい!』週刊漫画サンデー 1965年(昭和40年)11月3日号, p50-53.
  2. cobanobuのブログ「ピンク女優の実演ブーム」

注釈


お役たちweb

つながり