奈加公子

提供: SMpedia
移動先:案内検索

なまえ、19??年(昭和??年)-

概要

アクロバット出身の女優[1]。。

別名

english

略歴

1964年(昭和39年)11月、「大都プロ(奈加公子綾川しのぶ麻木正美ら所属)では、こうしたピンク映画の将来性を見越したか、昨年十一月地方公演に新境地をひらき、ストリップ劇場キャバレーの舞台で、ピンク映画ならぬピンク劇場に活路をみい出した。生の人間たちが、ラブシーンを演じるわけである」という記述がある[2]

1965年(昭和40年)10月1日−10日、浜松のストリップ劇場「金馬車ミュージック」で戸塚純作演出の「めす猫の宿」全四景を上演。出演は麻木正美綾川しのぶ奈加公子、紫理子、丘百合子、志村曜子[1]

1965年(昭和40年)、『ユーモアグラフ』12月号に。

エピソード

代表作

日本映画データベース

  • 女高生のふるえ』(宮西プロ 1966.7) (配給:東京興映、企画:大滝翠、製作:宮西四郎、監督:横井充、脚本:西田洋、出演:山仲溪子 新高恵子 奈加公子 菊村愛 杉山拳一郎 近松敏雄)

引用文献

  1. 1.0 1.1 私たちも”春川ますみ”になりたい!』週刊漫画サンデー 1965年(昭和40年)11月3日号, p50-53.
  2. 実話と秘録1966年(昭和41年)4月増刊号, p144

注釈


お役たちweb

つながり