深井俊彦

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
深井俊彦(1919?-1974)

ふかい としひこ、1919年(大正8年)頃[注 1]- 1974年(昭和49年)11月12日。ストリップ演出家。「花魁ショー」等を始める。須磨利之濡木痴夢男の関わるSM雑誌へ、踊り子をモデルとして斡旋。田中小実昌イザベラね』の主人公。

概要

演出家。振り付け師。文筆家。戦前の軽演劇の戯作者を経て、戦後はストリップ界で作家、演出家として活躍する。ストリップでの「花魁ショー」や「全ストショー」の仕掛け人でもある。須磨利之濡木痴夢男との親交があり、両氏の関わるSM雑誌へ、踊り子をモデルとして斡旋していた。田中小実昌『イザベラね』(1981, 中央公論社)の「大内先生」は深井俊彦をモデルとしている。1970年代にはたこ八郎が経営していたたこ部屋」の2階に住んでいた。

別名

Toshihiko Fukai, 北野竜一

略歴

1940年頃、「太平洋戦争の前から浅草の軽演劇の劇場にいて、その劇場がストリップ劇場になり」[1]

1940年(昭和15年)、浅草常磐座の「笑いの王国」に参加[2]

1948年(昭和23年)、関西のアポロショーで初の花魁ショー深井俊彦が演出。

1952年(昭和27年)2月21日、大阪新世界の「温泉劇場」で『籠釣瓶女の乳煙(吉原百人斬)』を公演。花魁ショーの始まりとされる場合もある[3]

1954年(昭和29年)、わいせつ罪で逮捕。求刑4ヶ月のところを罰金刑2万円[注 2][2]

1957年(昭和32年)、「全ストショー」を百万ドルショーという一座にやらせる[注 3][2]

1963年(昭和38年)1月26日、ニュー内外ミュージックホールにて『虻川画伯のアトリエ』初演。台本は濡木痴夢男。演出は深井俊彦裏窓3月号に台本。4月号に深井俊彦北野竜一名でエッセイ。

1965年(昭和40年)頃、浅草の松竹演芸場でたこ八郎と知り合う[4]

1966年(昭和41年)、『体当りマンハント旅行』(糸文弘監督、原作:豊原路子、横浜マコ、南条ユカ、オスカープロ)の製作に関与。田中小実昌がトルコ風呂のマネージャー役で出演。制作は千中ミュージックの社長[5]

1972年(昭和47年)頃、富士市にあるストリップ小屋の雇われ社長[2]

1973年(昭和48年)頃、新宿「たこ部屋」の二階に30歳年下の愛妻と住んでいるとの記載がある[6]。たこ部屋については、濡木痴夢男が「井上荘という木造二階建てのアパートの一階・・・たこ八郎はその二階の四畳半の部屋で寝起きしていた。このとき、深井俊彦は、新宿百人町の井上荘、つまり「たこ部屋」の二階のアパートの一室に寝起きしていた。そこは、たこ八郎のとなりの部屋である。」と記述している[7]

1974年(昭和49年)11月12日、病死[8]

エピソード

代表作

  • 北野竜一『可愛い女 飼育』(裏窓、1962年1月号)[注 4]
  • 北野竜一『ある「純粋」な関係』(サスペンスマガジン、1965年4月号)[注 5]
  • 深井俊彦ピンク実演の”あしたのジョー”?太古八郎』(実話情報12月臨時増刊 エロスのアルバム第8集、1970年(昭和45年)12月, p144-148)
  • 深井俊彦ああストリップ人生』(プレイ情報、1971年(昭和46年)3月号)
  • 深井俊彦「続・舞台の上のマゾ女優」(SMキング、1973年(昭和48年)5月号)
  • 小沢昭一、 深井俊彦、中谷陽『消える灯・燃える炎ー戦後ストリップ史』(新劇、1973年(昭和48年)9月号)
  • 深井俊彦残酷ショウ裏話」(SMキング、1974年(昭和49年)2月号)
  • 深井俊彦正邦乙彦、中谷陽、林征二『四人のエロ事師が開陳する「ヒモ能力」くらべ』(週刊ポスト, 1974年(昭和49年)5月24日号)

参考資料

  1. 田中小実昌『イザベラね』(1981, 中央公論社)
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 『四人のエロ事師が開陳する「ヒモ能力」くらべ』週刊ポスト 1974年(昭和49年)5月24日号, p56-p62.
  3. 深井俊彦『歌舞伎ストリップ・バーレスク:籠釣瓶女の乳煙(吉原百人斬)』新劇、1973年9月号
  4. 深井俊彦ピンク実演の”あしたのジョー”?太古八郎』(実話情報12月臨時増刊 エロスのアルバム第8集、1970年(昭和45年)12月, p144-148
  5. 田中小実昌データベース
  6. 深井俊彦「続・舞台の上のマゾ女優」(SMキング、1973年(昭和48年)5月号, p260-261)
  7. 7.0 7.1 濡木痴夢男のおしゃべり芝居 第九十七回
  8. 濡木痴夢男仕事メモ
  9. 伊井一郎『颯爽女剣劇幕間なし-戦後編』in Luna-J2000年(平成12年)4月25日号
  10. ミュージックホール納屋橋中央劇場跡探訪

注釈

  1. 田中小実昌が『イザベラね』で「おれより6つぐらい年がおおいだけだ」と記述しているのをもとに逆算して誕生年を推測している。
  2. 「”マッチ一本百円”という寸劇で、コメディアンがスカートをまくってマッチで覗くやつとか、シュミーズ1枚の女と上半身裸の男が、ジルバを踊って体をくっつけるだけ」
  3. 「後悔してますよ。だって見せればもう、のこるは特だしショーしかないからね」
  4. この作品を最初として北野竜一の名前で裏窓に1965年まで7作を書いている。
  5. この作品を最初として北野竜一の名前でサスペンスマガジンに1969年まで10作を書いている。

お役たちweb

つながり

須磨利之 田中小実昌 濡木痴夢男 たこ八郎 豊原路子 SMショーの歴史