百万弗劇場

提供: SMpedia
移動先:案内検索

1948年(昭和23年)から1954年まで浅草にあったストリップ小屋。1951年末に伊藤晴雨の作・演出の責めの芝居で大ヒット。1952年に渥美清。

1951年(昭和26年)12月1日からの百万弗劇場でのレビュー公演ポスター。西条昇・所蔵。
百万弗劇場の「動くストリップ[1]

概要

1948年(昭和23年)から1954年(昭和29年)2月末まで、浅草の国際劇場のはす向かいにあったストリップ劇場。伊藤晴雨が責めの芝居をやっていた[2][3]。渥美清もいた。

別名

浅草百万弗劇場

所在地

東京都台東区浅草。現在の東京都台東区浅草2丁目11番1号[4]

歴史

1948年(昭和23年)、大正時代から1930年(昭和5年)頃まで存在した観音劇場の跡地に、ストリップ劇場として開設。

1948年(昭和23年)春、「動くストリップ」。踊りながらパンツの隙間を覗かせて人気を集める[1]

1948年(昭和23年)8月、「百万弗劇場」がストリップを常設[1]

1951年(昭和26年)12月1日、それまでの女剣劇からレヴュー・軽演劇の専門劇場としてリニューアル開場。だが客足が伸びずに、12日目に公演打ち切り[4]

1951年(昭和26年)12月末、百万弗劇場伊藤晴雨の作・演出による『雪地獄生娘』『火責め水責めの生娘』で大ヒット(エピソード参照)[2][4]

1952年(昭和27年)1月、東京新聞に記事(エピソード参照)[5]

1952年(昭和27年)1月17日、「エロ・グロ・バーレスク・ストリツプシヨウ」で送検[5]

1952年(昭和27年)6月、東京タイムズに記事(エピソード参照)[5]

1952年(昭和27年)6月、渥美清が専属コメディアンになる[6][注 1]

1952年(昭和27年)8月、1周年記念。出演:ヘレン滝浪路笑グレース松原[7]

1952年(昭和27年)10月、安来節と民謡、漫才に転換[7]

1952年(昭和27年)頃、女剣劇と軽演劇が中心[7]

1953年(昭和28年)、「正月の女剣劇は・・・そして百万弗劇場には座長なしの浅香光代劇団に音羽照子一座が合同して」といった記述も残る[7]

1953年(昭和28年)、正月頃に安部定が出演する裁判劇が百万弗劇場2月興行に決まったという噂が流れる。当時阿倍定は国際劇場裏の旅館「荘月」の女将だった[3]

1953年(昭和28年)2月、比嘉和子出演の『アナタハン島』がヒット[7]。28日の契約切れと共に比嘉和子は一時失踪。その後『アナタハン島』の映画化[7]

1954年(昭和29年)頃、各社の古物映画三本立てで五十円の映画館[7]

1954年(昭和29年)2月末[7]、閉鎖(1952年(昭和27年)倒産との記述もある[3])。その後美人クラブになった[3]

エピソード

  • 建物を変えながら、映画館の『キリン館」、劇場・映画館の「観音劇場」、「百万弗劇場」と変遷。
  • 社長:関根信義[4]、支配人:小黒玉明とある[2]
  • 渥美清は「赤羽の公楽劇場を経て、この百万弗劇場で初めて浅草の舞台を経験してから、川崎セントラルに移り、間もなく浅草フランス座に引き抜かれた。」[4]
  • 深井俊彦百万弗劇場支配人、小黒玉明に今のはダメだから、ショウを書いてくれと頼まれて、そのダメなやつを見にいったら「変な、くず屋のかっこうして、でかい、へたな役者がいる。何だ、あれはっていつたら、渥美清」だった[3]
  • 枷井克哉が通い詰め隠し撮りをしていた。
  • 1951年(昭和26年)12月末の伊藤晴雨の作・演出による『雪地獄生娘』は『ストリップ四十八手』との抱き合わせで、それまでせいぜい200人だった観客動員数が、初日1,500人に膨れあがる。続き『火責め水責めの生娘』『続・ストリップ四十八手』も大ヒット。これに刺激され、フランス座が『毒婦暴状傳』で人気[2]
  • 1952年(昭和27年)1月の東京新聞記事「極端なエロ・グロで/再び活気をとりもどす:″額縁シヨウ″の誕生から五年目、空前の全盛時代を現出したストリツプ界も……女剣劇に圧倒され、ちよう落を唱える声も大きいが、事実は返つて極端なエロとグロを売物にし、昨年末来ものすごい勢で観客を呼んでいる/ヒロセ元美の巧妙なテクニツクでも、ハニー・ロイの魅力的な乳房でも、ストリツプに慣れた観客をつなぐことはできなくなつたこの世界は、昨年から「ストリツプ・フアツクル」(アクロバツト)を登場させ……、その内容はいずれも芸術などという香りはみじんも感じさせない卑わいなものへ、日一日と落ちて行くばかり/さらに非常な刺激を与えたのは、昨年末エロ・グロ・ストを看板に開場した浅草百万弗劇場である、伊藤晴雨氏所蔵の江戸時代刑罰の画(女が全身をあらわにして責められている)をウインドウ一ぱいにはりつけて宣伝、これまでせいぜい三百人そこそこしか入らなかつたのに、初日千五百人が押し寄せ、今日まで千数百の入りを下らない盛況……」[5]
  • 1952年(昭和27年)6月の東京タイムズ記事「一月十七日浅草百万弗劇場(責任者A)の「エロ・グロ・バーレスク・ストリツプシヨウ」で、踊子の…子(二一)ほか六名に″続四十八手″と称して、男女のぬれ場を綿密に描写させていた(A以下全員送検)」[5]

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 広岡敬一戦後風俗体系-わが女神たち-』(2000, 朝日出版社)
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 奈佳伸夫『近頃艶笑見世物談議ロマンス生活1952年(昭和27年)4月号, p28
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 本田由郎「責め」の芝居雑考奇譚クラブ1956年(昭和31年)7月号, p68
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 西条昇浅草百万弗劇場のパンフレット
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 長谷川卓也猥色文化考―猥雑物公然陳列』(新門出版社, 1980.4.25)
  6. 日の当らない渥美清劇場
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 7.5 7.6 7.7 伊井一郎『颯爽女剣劇幕間なし-戦後編』in Luna-J2000年(平成12年)4月25日号

注釈

  1. 渥美清はその前は赤羽のストリップ劇場「公楽」にいた。百万弗劇場のあとは「川崎セントラル」「浅草ロック座」を経て、1953(昭和28)年3月、「浅草フランス座」の専属

お役たちweb

つながり