淀橋太郎

提供: SMpedia
移動先:案内検索

よどばし たろう、は戦前、戦後にかけて活躍した軽演劇作家。

活動内容

軽演劇作家。

別名

略歴

1947年(昭和22年)3月、日劇小劇場での東京レビュー公演『院長さんは恋がお好き』の演出。鈴木好子がベリー・ダンスをしながら衣装を次々に脱いでいった。ストリップの走りといわれている[1]

エピソード

  • 神田で帽子屋をやっていた

代表作

  • 淀橋太郎『ザコ寝の人生』(立風書房, 1973)
  • 淀橋太郎『浅草ラプソディー』(マルジュ社, 1989)

参考資料

注釈


お役たちweb

つながり