正邦乙彦

提供: SMpedia
移動先:案内検索
正邦乙彦

まさくに おとひこ。ストリップ演出家。1948年(昭和23年)「常磐座」で「ストリップ・ショウ」という名称を使い出す。「1950年代にはジプシー・ローズのブームを仕掛ける。

概要

映画俳優。軽演劇役者。ストリップ演出家。

別名

略歴

1948年(昭和23年)3月5日、正邦乙彦浅草常磐座」でヘレン滝の「デカメロン・ショー」を演出。ここで「ストリップ・ショウ」という名称を使い出す[1]

1948年(昭和23年)6月、正邦乙彦の演出で、常磐座においてヘレン滝(ブランコにのせて動かす)、福田はるみがは裸で踊る[2]ヘレン滝は「猥褻陳列罪第一号」として逮捕[3]

1950年(昭和25年)、「常磐座」で泉都(せんと)ルイスの穴埋めとしてジプシー・ローズ・マリー(志水敏子, 1935-1967)を使う。「常盤座」から「横浜セントラル」「新宿セントラル」と広げる。「新宿セントラル」の『情熱のサロメ』で額縁の中から飛び出して踊り出す。続いて浅草「公園劇場」での『女のデット・エンド』で注目[4]

1952年(昭和27年)、「東劇バーレスク」のオープニングの『アラビアンナイト』で初披露したグラインドでジプシーの地位は確立[4]。1分間に60回のグラインド。村松梢風、林房雄、舟橋聖一がファン[5]。やがてこのグラインドは猥雑に当たると規制される。

1953年(昭和28年)、「東劇バーレスク」閉鎖[4]

1954年(昭和29年)、ジプシー・ローズと地方巡業に出る。前後して東京ではストリップ関係者の検挙が相次ぐ。ジプシーのグラインドも封印。丸尾長顕の誘いで日劇ミュージックホールと契約[4]

1967年(昭和42年)、ジプシー・ローズ事故死。

エピソード

  • 元ダンサーのヘレン滝をスカウト[1]
  • ジプシーローズの主人。
  • 「バタフライ」の命名者[1]

代表作

参考資料

  1. 1.0 1.1 1.2 井上ひさし『浅草フランス座の時間』(文春ネスコ, 2001)
  2. 小沢昭一、 深井俊彦、中谷陽「消える灯・燃える炎ー戦後ストリップ史」新劇、1973年(昭和48年)9月号
  3. みのわひろお『日本ストリップ50年史』(三一書房, 1999)
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 正邦乙彦『最後のストリップティーズ』in 「カストリ復刻版」日本出版社, 1975年(昭和50年)
  5. 広岡敬一『戦後性風俗体系 わが女神たち』(朝日出版社, 2000)

注釈


お役たちweb

つながり

淀橋太郎 深井俊彦 田中小実昌