青木順子

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
青木順子奇譚クラブ1964年(昭和39年)11月号より

あおき じゅんこ、(生年月日不明)。60年代から70年代のパフォーマー。 向井一也のパートナーとしてストリップ劇場や小劇場でのSM劇の受け手。辻村隆SMカメラ・ハント』第1回目のモデル。

概要

パフォーマー。1964年(昭和39年)頃から向井一也のパートナーとしてストリップ劇場などの舞台でSMショーをおこなっていた。その舞台はたびたび奇譚クラブでも紹介され、やがて奇譚クラブ辻村隆を中心に「青木順子後援会」が結成された。辻村隆SMカメラ・ハント』第1回目のモデルである。辻村隆の記事では、1964年(昭和39年)頃の作品は、青木順子が作・演出をしていたと書かれてるが、実際には向井一也が主導権を握っていたのかもしれない。1974年(昭和49年)頃には向井一也と「オリジナルの会」を結成しており、『サディストの告白』などのSM劇を小劇場で上演している。長田英吉も「オリジナルの会」の影響を受けたとされている。1974年(昭和49年)8月に、上京前の玉井敬友が大阪の自身の劇場『シアター喫茶・スキャンダル』に向井一也(と恐らく青木順子)を招聘している。

別名

english青木純子

略歴

向井一也のパートナー。女子大卒のインテリ[1]

1964年(昭和39年)、奇譚クラブ5月号、芳野眉美『ガン作マニアのノート』で紹介[注 1]

1964年(昭和39年)、奇譚クラブ11月号の辻村隆SMカメラ・ハント』、第1回目のモデル。

1964年(昭和39年)11月、東京都立川市の文化ミュージックに出演[2]

1965年(昭和40年)、奇譚クラブ2月号、p32辻村隆サロン楽我記に「青木順子後援会」のこと。全国巡業をしている様子。

1965年(昭和40年)、奇譚クラブ4月号に辻村隆の「青木順子だより」

1965年(昭和40年)7月、6月の京都に引き続き大阪夕凪橋のダイコウミュージックでベトナム動乱にちなんだSM劇[3]

1965年(昭和40年)、奇譚クラブ10月号, p16に東山映史『サジズムの極致 「青木順子」京で大いに活躍』で千中ミュージックの公演を紹介。

1965年(昭和40年)、暮れの頃、「千中ミュージックを定席ににして向井一也と『本日休診』を上演」とある[4]

1966年(昭和41年)、奇譚クラブ1月号, p19の東山映史「映画通信」に「千中ミュージックを定席として、新作『本日休診』を上演して好評。向井一也が精神科の医者役」とある。

1966年(昭和41年)、奇譚クラブ2月号, p157に丸鬼頭佐渡『青木順子さんについて』。1965年(昭和40年)7月の大阪ダイコウミュージックでの『気の弱い男の愛と死』『内気な男の愛と死』での向井一也との舞台の詳細を報告。

1966年(昭和41年)、奇譚クラブ4月号, p23に岩木一夫『「青木順子ショーについて」呼び掛け』。まだ関西方面を巡業しているので早く関東に来て欲しいとの希望[注 2]

1967年(昭和42年)、奇譚クラブ11月号の「編集部だより」に「大阪府下を従業しているとの読者からの連絡」「水責めと蝋責めが中心」

1967年(昭和42年)、奇譚クラブ11月号, p246に「青木順子のサディズム・ショウ」。野田阪神の吉野劇場での観劇レポート。

1972年(昭和47年)8月、SMキング8月号, p136に『人物クローズアップ 向井一也青木純子夫妻』の記事。

1974年(昭和49年)、奇譚クラブ9月号, p242に「青木順子「サディストの告白』と、その部台裏』。新宿アートヴィレッジでの公演の様子。

SMカメラ・ハント

京都のストリップ劇場での公演『生の確認』を観劇。青木順子の作・演出。
記憶喪失で白血病で死期の迫った女性(青木順子)を誘拐した青年(向井一也)が記憶を取り戻させようと髪の毛を掴み引き回し、後手に縛り、股縛り、猿ぐつわ縛りをかけ、さらに逆海老に吊り上げローソク責めをしながら、ベルトで鞭打つ。青年は絶命し、女性は記憶を戻し、死んだ青年がかつての恋人であったことを思い出す。20分ほどの劇。
楽屋を訪れ、次の公演先である奈良のS劇場に移動するので、3日後に春日の奥山を一緒にドライブすることになる。
生の確認』の前に『画家とモデル』を作っており、インタビュー時点でこの2作のみ。夢はストリップとの抱き合わせではなく、普通の劇場での公演。世界の青木順子になること。
青木順子は関東のS女子大卒のインテリ。
奈良のS劇場での公演後、再度会う。若草山の料理旅館に移動。
大阪のD劇場で『ミス・キーラの情事』の劇中劇を頼まれ、急遽、東京より駆けつけた話。
第1作の『画家とモデル』は数人のスタッフでやる筈だったが、最後は向井一也と二人。
向井一也と組む前に、東京ではコメディアンと組んでいた。
試しに辻村隆が旅館で縛ることになった。写真撮影を申し込んだが「舞台とか、楽屋でならいいけど、こんなお遊びの部屋ではいやです」と拒否される。
次の日、ストリップ劇場の楽屋裏の空き地で縛り、撮影。
第3作『防空壕の女(仮題)』を執筆中。辻村隆は『青木順子後援会』の会員を募集開始。

エピソード

代表作

引用文献

  1. 1964年(昭和39年)、奇譚クラブ11月号、辻村隆『SMカメラハント』
  2. 奇譚クラブ1965年(昭和40年)2月号、p32
  3. 1965年(昭和40年)9月号, p20
  4. 奇譚クラブ1966年(昭和41年)1月号, p19

注釈

  1. 「春木順子」となっている。
  2. この記事の中で、1965年(昭和40年)の暮れに船橋の大宝劇場でエロプロダクションによるピンク実演めす猫の宿』を見たが、サディスティックな場面がありなかなかよかったと書いている。

お役たちweb

つながり

SMショーの歴史