空気座

提供: SMpedia
移動先:案内検索

よみ

概要

1946年(昭和21年)、小崎政房を座長として結成。

別名

主な出来事

1946年10月、旗揚げ公演。主な団員は左卜全、田崎潤(=田中実)、春名薫、花村陽子、成瀬昌彦。

1947年(昭和22年)8月1日-15日に帝都座五階劇場にて『肉体の門』公演。仕掛け人は秦豊吉。脚本は小沢不二夫、演出は小崎政房[注 1]。1000ステージ、50万人程の観客を動員した。三條ひろみが扮した主人公の娼婦ボルネオ・マヤが受けるリンチシーンがSMファンを含む多くの人々の心を奪う。8月12日には観客が飛び降り自殺する事件も起こる[1]

1947年(昭和22年)12月、『肉体の門空気座北陸公演。

1948年(昭和23年)2月、『肉体の門空気座九州初公演。

1949年(昭和23年)1月、『続肉体の門空気座日劇小劇場公演。

1949年(昭和23年)3月、『続肉体の門空気座九州公演。

1949年3月、日劇小劇場で『獄門島』公演。

1949年(昭和24年)、解散。

ポスターチラシフライヤー

引用文献

  1. 『特集:ヴィーナスの誕生』季刊『the 座』第22号(こまつ座, 1992)

注釈

  1. 戦前、ムーランルージュ新宿座の脚本家として活動すると共に、大都映画では松山宗三郎の芸名で俳優として活躍。映画監督作品もある。

お役たちweb

つながり