雪責め

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
伊藤晴雨が大正時代に妻の佐原キセをモデルに撮影した雪責めシーン。伊藤晴雨責の話』(粹古堂, 1952)より

ゆきぜめ江戸時代から文楽・歌舞伎に好んで用いられる責めのモチーフの1つ。大正時代には伊藤晴雨佐原キセをモデルに雪責めの写真を撮影。志摩紫光のビデオ作品にも多い。

概要

雪の中で責めをおこなうこと。伝統芸能の中の責めの1つで、古くから文楽や歌舞伎で用いられるモチーフの1つ。伊藤晴雨が好む責めの1つで、1919年(大正8年)には佐原キセをモデルとした雪責めの写真を撮影している。

主な出来事

1740年(元文五年)、並木宗輔作『鶊山姫捨松』の三段目『中将姫雪責の段

1772年(安永元年)、新内『明烏夢泡雪』。

1888年(明治21年)、伊藤晴雨は7才(数え)で母親から中将姫の雪責めの物語を聞かされる[1]

1919年(大正8年)12月、伊藤晴雨佐原キセをモデルに自宅の庭で雪責めの写真。カメラマンは有賀[2][3][注 1][注 2]

1920年(大正8年)1月7日、佐原キセをモデルに夜明けに全裸で撮影[3][注 3]

1923年(大正12年)2月10日、伊藤晴雨佐原キセをモデルにカメラマン鈴木雷水と下高井戸の「吉田園」という温泉旅館の庭でまず長襦袢姿で撮影[4]。次に、坂本牙城[注 4]の借りていた農家付近で全裸の雪責めの撮影[2]

1951年(昭和26年)、浅草の百万弗劇場にて伊藤晴雨の『雪地獄生娘』『火責め水責めの生娘』。

1953年(昭和28年)6月4日、伊藤晴雨は「責めの劇団」の第1回公演を市川鈴本でおこなう[注 5][5]

玉井敬友の「シアタースキャンダル」公演『奇伝・伊藤晴雨』。1978年(昭和53年)4月。

1978年(昭和53年)4月、玉井敬友自由劇場にて劇団「シアタースキャンダル」公演『奇伝・伊藤晴雨』。第5幕が雪責め

1987年(昭和62年)3月、志摩紫光監督作品『KING OF SM 快虐』(ミリオン)公開。嶋田美姫雪責め

2012年(平成24年)、杉浦則夫が長野で雪責めの写真撮影。

伝統芸能の中の雪責め

1860年(万延元年)三代目歌川豊國作による明烏雪浦里雪責めに合う浦里と附きそう「禿(かむろ)みどり」(遊女見習)

ビデオ

ザ・美囚』(志摩ビデオ, 1988)

志摩紫光雪責め作品が多い。

引用文献

  1. 伊藤晴雨責のこれくしょん』(私家版, 1952.1.15)
  2. 2.0 2.1 川口博『責め絵の女 伊藤晴雨写真帖』(新潮社, 1996)
  3. 3.0 3.1 伊藤晴雨責の話』(粹古堂, 1952)
  4. 伊藤晴雨『責めの研究』in 『世界の刑罰性犯変態の研究』(犯罪科學研究同好會, 1930)
  5. 伊藤晴雨其の頃を語る(五) 責め場の舞台装置法奇譚クラブ1953年(昭和28年)10月号, p169

注釈

  1. この作品の一部は後に斎藤昌三の『』で発表される。
  2. 『責めの研究』in 『世界の刑罰性犯変態の研究』(犯罪科學研究同好會, 1930)では、1922年(大正11年)1月が最初のような表記がある。
  3. 「門外不出であった」「昭和二十年四月十三日画室と其の運命を共にした」とある。
  4. 当時、伊藤晴雨宅に居候していたようだ。
  5. 濡木痴夢男はこの公演を観ていると「奇譚クラブの絵師たち」と書いている。それによると演目は鈴木泉三郎脚本の『火あぶり』(これは晴雨がモデルで空気座が東横デパートの劇場で上演したある。ただし、伊藤晴雨の記録では「三〇余名の会員を前にして『雪責めの女』を上演」とある。

お役たちweb

つながり