市川鈴本

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

現在、上野にある鈴本演芸場の姉妹劇場として1950年(昭和25年)に開場した劇場。1953年(昭和28年)頃に伊藤晴雨が「責めの劇団」の公演をおこなっていた。

別名

市川鈴本亭、市川鈴本演芸場

所在地

千葉県市川市真間一丁目あたりの真間銀座通り

歴史

1857年(安政4年)、本牧屋仙之助が上野広小路に軍談席(講釈場)本牧亭を開場。

1876年(明治9年)、本牧亭鈴本亭に。

1950年(昭和25年)、鈴本亭支店として開場。

1953年(昭和28年)6月4日、「責めの劇団」の第1回公演を市川鈴本でおこなう[注 1][1]

エピソード

  • 永井荷風、正岡容、長谷川幸延、井上ひさし、小島貞二ら市川に居住していた演芸関連の人は多い。

引用文献

  1. 伊藤晴雨其の頃を語る(五) 責め場の舞台装置法奇譚クラブ1953年(昭和28年)10月号, p169

注釈

  1. 濡木痴夢男はこの公演を観ていると「奇譚クラブの絵師たち」と書いている。それによると演目は鈴木泉三郎脚本の『火あぶり』(これは晴雨がモデルで空気座が東横デパートの劇場で上演したある。ただし、伊藤晴雨の記録では「三〇余名の会員を前にして「雪責めの女」を上演」とある。

お役たちweb

つながり