鈴木泉三郎

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

すずき せんさぶろう、1893年(明治26年)5月10日 - 1924年(大正13年)10月6日

概要

劇作家。編集者。伊藤晴雨をモデルとした『火あぶり』を戦前に執筆している。

別名

豊島屋主人、伊豆巳三郎

略歴

1893年(明治26年)5月10日、東京に生まれる。

1913年(大正2年)、三越の懸賞脚本に入選。

1916年(大正5年)、雑誌『新演芸』の編集人。数多くの戯曲を発表。

1921年(大正10年)、伊藤晴雨をモデルとした『火あぶり』を早稲田大学紀要(要確認)に発表。

1924年(大正13年)10月6日、31才で永眠。

1925年(大正14年)、プラトン社から発行された『鈴木泉三郎戯曲全集』(プラトン社, 1925)に『火あぶり』が収録。

エピソード

代表作

「八幡屋の娘」「ラシャメンの父」「美しき白癡の死」「幸福」「高橋お伝」「谷底」「火あぶり」「次郎吉懺悔」「二人の未亡人」「心中の始末」「山芋秘譚」「生きている小平次」

引用文献

注釈


お役たちweb

つながり