シアタースキャンダル

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

玉井敬友


[注 1]長田英吉オサダ・ゼミナールをここで定期的に開催。この頃、桜田伝次郎が手伝っている。

別名

アバンギャルドシアター<<スキャンダル>>、

所在地

港区六本木3-4-3マサキビル201 (1年目はここ)

港区六本木7-18-8岸田ビル301

歴史

1976年(昭和51年)10月、ニューセルフ11月号に「シアタースキャンダル」が10月1日よりタレント養成学校『六本木ショー・スタジオ』を開校するとの情報。講師は樋口四郎(ダンス)、メリー松原(ダンス)、西村昭五郎(演技指導)、松本孝(文学・共用)、原榮三郎(フォト・ポーズ)。

1976年(昭和51年)11月21日、この頃シアタースキャンダル主催で月例で開催していた『「人間とSM」研究会』の報告記事がニューセルフの1977年(昭和52年)3月号に掲載。

1978年(昭和53年)、 PRIVATE GRAPH5月号に『性の全てをみせます!実験劇シアタースキャンダル ハイライト場面集』として玉井敬友を特集。「大阪から東京に出てきて二年。公演回数17回、イベント回数40回」とある。

1980年(昭和55年)2月22日-28日、シアタースキャンダルの六本木スタジオにて『SM実験工房 Part II』作・演出:玉井敬友、出演:百花繚乱金城エイ子港まゆみ高杉かほり萩尾なおみ[1]

1980(昭和55年)8月29日-31日、シアタースキャンダルの六本木スタジオにて『SM写真工房』演出:玉井敬友[2]

1981年(昭和56年)9月21-27日、シアタースキャンダルの六本木スタジオにて『SM実験工房 Part III』作・演出:玉井敬友、出演:秋山珠実。当日2,800円[3]

1985年(昭和60年)3月22日−31日、シアタースキャンダル乱雪無惨』。出演:伊藤清美[4]

エピソード

引用文献

  1. ぴあ1988年(昭和55年)No.97
  2. ぴあ1988年(昭和55年)No.111
  3. ぴあ1981年(昭和56年)No.138
  4. S&Mスナイパー1985年(昭和60年)5月号

注釈

  1. 自動車修理工場の2階。

お役たちweb

つながり