小林悟

提供: SMpedia
移動先:案内検索

こばやし さとる、1930年(昭和5年)8月1日-2001年(平成13年)11月15日

概要

ピンク映画監督。1965年版「花と蛇」の製作に何らかの形で関わっている。

別名

Satoru Kobayashi 、左次郎、松本千之

略歴

1930年(昭和5年)8月1日、長野県に生まれる[1]

1950年代、早稲田大学卒業[2]

1954年(昭和29年)、新東宝傍系の近江プロにはいる[注 1][2]。やがて新東宝に移る。

1958年(昭和33年)、石井輝男監督の『天城心中・天国に結ぶ恋』(新東宝)の助監督。

1959年(昭和34年)、『狂った欲望』(新東宝)で監督デビュー。

1961年(昭和36年)、新東宝が倒産後、大蔵映画に参加。

1962年(昭和37年)3月、最初のピンク映画とされる『肉体の市場』[注 2]を協立映画から発表[注 3]

1962年(昭和37年)、小森白監督の『太平洋戦争と姫ゆり部隊』(大蔵映画)の一部を撮影当[3][注 4]

1962年(昭和37年)、『沖縄怪談逆吊り幽霊・支那怪談死棺破り』

1964年(昭和39年)、大蔵貢監督の『明治大帝御一代記』(大蔵映画)の一部の撮影を担当ref name="web"></ref>[注 5]

1967年(昭和42年)、池袋名画座の正月興行の松井康子らのピンク実演が人気を集める。演出は小林悟[4][注 6]

1967年(昭和42年)、台湾で『紅艶女飛龍』などの現地作品10数本を監督。1972年ぐらいまで海外で活動[3]

1972年(昭和47年)、松竹が作った東活に参加[2]

1973年(昭和48年)、『鏡の中の野心』(東活) 。

1999年(平成11年)、石井輝男監督の『地獄』(オーピー映画)の制作総指揮。

エピソード

  • 私が始めてSM映画をてがけたのは、この『花と蛇』であった。鬼六氏もその頃、関西から東京に住むようになり、何本が一緒にストーリーを考え、映画化したが、これを契機に、私はちょいちょいSMものをてがけるようになった」[5]。これは1965年版「花と蛇」の監督が小林悟であった説を支持する発言である。
  • 『肉体の市場』をピンク映画の第1号とするのは映画評論家の村井実が提唱。他に本木荘二郎『肉体自由貿易』(国新映画)(同年11月)とする後藤敏説もある。
  • 『肉体の市場』は公開後すぐの3月15日に公然猥褻の警告を受け、該当部分をすぐカット。
  • トリフォーやジャン=リュック・ゴダールに影響され『肉体の市場』を作った[6]
  • 小川欽也小林悟の助監督をしていた。

代表作

小林悟日本映画の中のSMロマン』in SMプレイ1973年(昭和48年)2月号。

引用文献

  1. Wikipediaより。
  2. 2.0 2.1 2.2 鈴木義昭『ピンク映画水滸伝 その二〇年史』(1983, 青心社)
  3. 3.0 3.1 Webの1999インタビューより。
  4. 成人映画 1967年(昭和42年)2月号(No. 15)
  5. 小林悟日本映画の中のSMロマン』in SMプレイ1973年(昭和48年)2月号
  6. 藤木TDC『アダルトメディア・ランダムノート』(ミリオン出版, 2004)

注釈

  1. 大蔵貢の実弟で、歌手で映画監督の近江俊郎が起こした
  2. 主演:香取環。助監督は小川欽也。
  3. 協立映画が、大蔵映画大蔵貢によって設立されたペーパーカンパニーという説があり、もしそうならば、当時大蔵映画は六番目の大手だったので、ピンク映画の定義(独立プロダクション製作によるセックス映画)から外れる。大蔵の「太平洋戦争と姫百合部隊」が未公開のため、協立映画作としたという説。ただし、この一連の説に、小川欽也監督は異議。(『アダルトメディアランダムノート』より)。
  4. 「小森監督が神経衰弱で入院しちゃったので、ラッシュ後に必要なシーンを代理監督した」。
  5. 新東宝の「明治天皇と日露大戦争」(1957)「天皇・皇后と日清戦争」(1957)「明治大帝と乃木将軍」(1959)を編集し、そこにないシーンを小林悟が撮影。
  6. 「この正月興行はどこも実演付きがにぎやかだった」「池袋名画座では正月四日から十日まで”松井康子とそのグループ”という出演陣で、「源氏裸物語」(演出小林悟)を上演した。一日三回、四十五分のじつえん」「最高が千五百人、平均八百人というヒット」「松井をのぞく女優陣はオッパイ丸出し」出演:松井康子、白川昌雄。数名の女優。

お役たちweb

つながり