葵マリ

提供: SMpedia
移動先: 案内検索

あおい まり、1944年(昭和19年)8月4日[1]-。1980年代に赤坂ブルーシャトーを主宰したミストレス。

概要

1980年代に活躍した女王様。「女王様の中の女王様」とも呼ばれる。1980年(昭和55年)にSMクラブ赤坂ブルーシャトーを設立し、多くのS女、M女を育てる。そこでの定例SMショーには長田英吉なども出演していた。にっかつ映画への出演・監督など、積極的なマスコミへの露出を通じて、ステレオタイプ的な「SMプレイ」のイメージを作り上げた。後継者として二代目葵マリー、三代目葵マリーを生み出した。

別名

Mary Aoi葵マリー、葵まりー(初代)、あおいマリー、伊藤尚子(本名?)、伊藤花果、小佐野真理子、

略歴

1944年(昭和19年)8月4日、静岡に誕生[1][注 1][注 2]

1962年(昭和37年)頃、少女雑誌のモデルを経て東映京都撮影所に入り端役女優[1][注 3]。「姫路ゆり子」という名で18本の作品に出演[2][注 2]

1965年(昭和40年)頃、結婚のために女優をやめる[注 2]

1969年(昭和44年)、辰巳出版の『別冊マル秘』4月増刊号のグラビア「赤坂の夜を泳ぐ白い密猟者」でモデルとして登場。「Eというスナック」でガールハントされたという設定。

1974年(昭和49年)頃、雄琴ソープランドの支配人となる[2][注 2]

1974年(昭和49年)頃、夫の会社が倒産したため上京。新宿歌舞伎町のナイトクラブのママ、赤坂コパカバーナのホステス、赤坂ひの家の芸妓、ナイトクラブ赤坂ミカドの芸妓ホステスを経て、銀座のバー「真理子」のオーナーマダムとなる。続いて、会員制クラブ「赤坂峰子」「サロンど峰」などを開店[注 2]

1980年(昭和55年)頃、「赤坂ナイトクラブ真理子」を開店[注 2]

1980年(昭和55年)6月5日、赤坂ブルーシャトーを開業[3][注 4]。姉妹店のヤングシャトーシルバーシャトーロイヤルシャトーも開業。

1980年(昭和55年)10月、後の松川ナミが入店。源氏名はエミ[3][注 5]

1980年代初め、「ショークラブブルーシャトー」「キャバレーシンデレラ」などを開店。

1981年(昭和56年)1月8日、赤坂ブルーシャトーの定例ショーに長田英吉を招聘。司会は田辺一鶴、モデルはエミ[3][注 6]

1982年(昭和57年)4月、週刊宝石島田紳助と対談。

1983年(昭和58年)9月、ABSプロモーション設立[3][注 7]

1983年(昭和58年)12月1日、SMビデオの販売開始[3]

1983年(昭和58年)12月10日、あまとりあ社から『SMドキュメント葵マリーの告白手記』出版[注 8]

1985年(昭和60年)、『ザ・折檻2』『ザ・折檻3』の監督。

1986年(昭和61年)9月28日、月光1986年(昭和61年)9月28日発行 第2巻第10号通巻十号の『S&M逆転の構造』で座談会。出席者は葵マリー星ゆり子、順子、佐々木けい子

1987年(昭和62年)11月頃?、赤坂ブルーシャトー閉店。

1988年(昭和63年)1月30日、ショーの最中に公然猥褻罪の現行犯逮捕[4][注 9]

1980年代後半、有限会社マリコジャパンを設立し広告代理店、コンサルティング業務、各種イベント企画構成演出、タレント養成派遣業務、ナイトクラブ、和装小物呉服販売。『渋谷マリーズ・ルーム』というSM関係の仕事もしていた模様。

1993年(平成5年)、夫ががんで死去[2][注 2]

1995年(平成7年)12月7日、三代目葵マリーの襲名披露パーティーが都内で開かれる。初代葵マリも出席[5]

1996年(平成8年)、広告代理店、コンパニオン派遣業、呉服、化粧品販売事業に特化[注 2]

2000年(平成12年) 、会社倒産[注 10]

2004年(平成16年)10月9日、DVD『鬼』を監督[注 11]

2008年(平成20年)1月、歌舞伎町のホストクラブの女店主として紹介されている[2]

エピソード

代表作

映画

ビデオ

  • 葵マリのSM日記 みかの場合』(ボックスランド, 1982)
  • ザ・折檻』(にっかつ, 1985)(監督:葵マリ、助監督:高原秀和、撮影:倉本和人、出演:水野由美、熱砂、西白蘭春川かおり)
  • ザ・折檻』(にっかつ, 1985.10.26)(監督:葵マリ、助監督:高原秀和、撮影:遠藤政史、出演:立川ひとみ、西白蘭春川かおり)
  • SM女帝・葵マリー引退記念作品 愛虐の館 』(Golden SAMM, 1987)(製作:中村幻児〔ユーロビジョン)、監督:伊集院剛、助監督:鬼頭理三 田村良夫、脚本:田辺満、撮影:冨田伸二、出演:芳村さおり 中川あずさ 石原みか 春川かおり 葵マリ マグナムv北斗三条雅樹 嶋弘史)[注 13]
  • ロイヤルクラブの隷嬢たち』(受審:志摩プランニング、制作:ユープロビジョン、発売元:スターシップ, 1987)(監督:葵マリ-、縄師:龍、出演:牧いずみ・吉野晴美・一条桜子・石原ミカ・北村恵・青山恵子)
  • SM図鑑 美少女縛り』(志摩プランニング, 1987)(監修:伊集院剛、出演:牧いずみ 藤よう子 花村恵 葵マリ-)
  • ザ・虐待
  • SMドキュメント調教24時間『衝撃編』
  • SM初体験 舞妓桃千代18才パート2』(マリンブルー, 1988)(監督:港雄一、調教:葵マリー) 
  • ハウツウSMテクニック SMの責め方・楽しみ方』(フェニックス, 1988)(監督・構成:滝川翔、出演:志摩紫光葵マリ、芳村さおり 舞礼奈 牧いずみ)
  • SM遊ぶ 禁断のすすり泣き』(フェニックス, 1988)(出演:舞礼奈 石川亜美 伊藤麻耶志摩紫光葵マリ)

DVD

  • 葵マリのSM日記 洋子の場合 菊島里子』(映像舎)
  • 葵マリのSM日記 みかの場合』(映像舎)
  • 葵マリのSM日記 のり子の場合』(映像舎)

書籍

雑誌

  • あおいマリー女縄師マリーの調教日記別冊S&Mスナイパー1982年(昭和57年)9月号
  • 島田紳助紳・竜の考現学入門8 葵マリ週刊宝石1982年(昭和57年)4月24日号。
  • S&M逆転の構造』(座談会:出席者は葵マリー星ゆり子、順子、佐々木けい子)月光1986年(昭和61年)9月28日発行 第2巻第10号通巻十号
  • 名士がズラリ会員だった"SMの女王“がついに引退!週刊読売1987年(昭和62年)8月30号
  • 過激プレーを売り物にしていた「SMの女王葵マリー」の逮捕でその筋から漏れるマゾ紳士録週刊サンケイ1988年(昭和63年)2月25日
  • 逮捕された葵マリーのgokuraku「混浴ツアー」ハチャメチャ現場写真FOCUS2000年(平成12年)2月16日号
  • 「雅子さまの主治医」を騙った詐欺女は「元SMの女王週刊新潮2007年7月19日号
  • 現・歌舞伎町ホストの母 マダム花果 元SMの女王初代葵マリー インタビュー実話マッドマックス2008年(平成20年)1月号

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 『紳竜の考現学入門8』 in 週刊宝石1982年(昭和57年)4月24日号
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 現・歌舞伎町ホストの母 マダム花果 元SMの女王初代葵マリー インタビュー実話マッドマックス2008年(平成20年)1月号
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 3.5 葵マリー『SMドキュメント葵マリーの告白手記』(あまとりあ社, 1983)
  4. SMファン1988年(昭和63年)5月号
  5. S&Mスナイパー1996年(平成8年)2月号, p233

注釈

  1. 他にも「京都」「横浜市」という記述もある
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 2.9 葵マリ自身が提供した情報は不正確・作り話と思われるものが多いので注意が必要。
  3. 「大奥絵巻」で真夜中に見回りに行く腰元役。淡島千景、佐久間良子、大原麗子らが出ていた。
  4. 毎月第一、第三金曜日と、第二、第四木曜日の19:00-21:00にショー付きパーティー。
  5. ナンバーワンだったが、いつの間にか銀座や吉祥寺のSMクラブに出演。1981年の始めにぐる赤坂ブルーシャトーはやめる。
  6. 2月5日の節分ショーでも長田英吉が出演。
  7. 日活映画と映画作品8本、ビデオ会社とビデオ作品15本の女流監督契約。
  8. この頃、「マネージャー二人、ショーガール8名、ミストレス7名、M女16名の大所帯」
  9. 「1988年2月2日号の朝日新聞より 警視庁は客にわいせつな行為を見せたとして、ブルーシャトー経営者、葵マリー (本名=伊藤尚子)容疑者(43歳)を「公然わいせつ罪」で逮捕。」という2chの書き込みがある。
  10. 職業安定法違反で逮捕されたことが原因と思われる。
  11. 明智伝鬼千葉曳三速水健二が出演。
  12. 後にコルドンブルーのママになったようだ(要確認)
  13. 1988年のフェニックスから出た『ハウツウSMテクニック SMの責め方・楽しみ方』に一部この画像が出ているようだ。こちらは監督・構成:滝川翔、出演:芳村さおり 舞礼奈 牧いずみ。
  14. 1998年には広告が出ているので、アロマ企画ができた1991年〜1998年の間のどこかに制作。

お役たちweb

つながり

長田英吉 志摩紫光 伊集院剛 明智伝鬼