ミカド

提供: SMpedia
移動先:案内検索
赤坂2丁目にあったミカド

みかど。1961年(昭和36年)に赤坂にレストランシアターとしてオープン。1965年からは最大500名のホステスのグランドキャバレー。初代葵マリ花真衣らが在籍。

概要

1961年〜1988年代に赤坂にあったレストランシアター(後に大型キャバレー)。葵マリ花真衣らが在籍した。

別名

赤坂ミカド、世界の社交場ミカド

所在地

赤坂田町5丁目(現・東京都港区赤坂2-14-5付近)

歴史

1961年(昭和36年)10月、山田泰吉が1964年東京オリンピックでの外国人客を見込み、15億円をかけて地上6階建てのレストランシアターをオープン[1]

1964年(昭和39年)、ホステスの不足から閉店[1]

1965年(昭和40年)11月、近畿観光の小浪義明が高級路線のグランドキャバレーとして再オープン[1]

1974年(昭和49年)頃、葵マリミカドのホステス。

1977年(昭和52年)、花真衣が上京してミカドのホステスとなる。

1988年(昭和63年)、閉店。

エピソード

  • 最盛期には500名のホステス[1]

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 Wikipediaより

注釈

お役たちweb

つながり