伊集院剛

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
SMファン1988年(昭和63年)5月号、伊集院剛極限までSMをするという事が』で葵マリについて語る伊集院剛とされている人物写真。
伊集院剛 ザ・拷問 新妻篇』ポスター

いじゅういん ごう、(生年月日不詳)。1980年代ににっかつ映画の中で作り出された架空の緊縛師・映画監督・脚本家。実際には志摩紫光が緊縛をおこなっていたので、ほぼイコール志摩紫光と考えてよい。廣木隆一中村幻児石川均などが制作に関わっている。雑誌・映画中などにも登場しているが、当時の助監督がなりすまして出演している。

概説

主に1980年代後半、『ザ・折檻』などハードなSM映画の監督として出現。

実体は、雄プロ廣木隆一石川均中村幻児のユニット名という説[1]と、志摩紫光という説[注 1]がある。

あるいは、企画、制作現場を合わせて、廣木隆一石川均中村幻児志摩紫光ユニットなのかもしれない。

廣木隆一は「80年代に雄プロで働いていた複数の人間が使ったペンネームだった」「私は伊集院剛の最初の3作品に関与している」「このペンネームを用いることで自由な気持ちになれた」「伊集院剛という実在しない人物の生活を創造するのが楽しかった。電話インタビューまでした」「(葵マリの)SMクラブにはカルチャーショックを受けた」と述べている。[2]

同様のユニット名に豊幹一郎などがある。

主な作品

トピック

  • セクシーフォーカススクープ1985年(昭和60年)7月号に「SM地獄に見る異次元の女王その禁断のパラダイス タブーなき世界が広がる性の奥の細道」として構成・文・二階堂淳子で『ザ・折檻』の紹介。「このビデオの仕掛け人は・・・調教した美女の数は67人にも上ると登と言われている謎のSM仕掛人伊集院剛」として紹介。
  • ブルーフィルム幻の名作 風立ちぬ』(エクセス, 1991)が一部で監督:伊集院剛とあるが、伊集院通の誤植か?

参考文献

  1. 藤木 TDC『アダルトビデオ革命史』(幻冬舎, 2009)
  2. MidnightEyeによるインタビュー

注釈

  1. ザ・折檻 』(伊集院剛監督、雄プロ、1985)の現場で映画スチールを担当した田中欣一は、「志摩紫光氏のみが担当していたと理解している。廣木や中村の名前がでるのは信じられない。」と述べている(私信)。
  2. ミリオン配給で劇場公開されていたと思われる。
  3. 2009年に『新版「ざんげ 懺悔M」』として新東宝系ピンク映画上映。製作:雄プロ/配給:新東宝映画/監督:伊集院剛/撮影:遠藤政史・倉本和人/協力:愉芽企画・JAP工房《SM小道具》、出演:志摩紫光、秋川ひろみ、橘美恵子、舞礼奈
  4. 1988年のフェニックスから出た『ハウツウSMテクニック SMの責め方・楽しみ方』に一部この画像が出ているようだ。こちらは監督・構成:滝川翔、出演:芳村さおり 舞礼奈 牧いずみ。
  5. 総集編的作品