赤坂ブルーシャトウ

提供: SMpedia
赤坂ブルーシャトーから転送)
赤坂ブルーシャトウが企画していた長田英吉のショート思われる写真。葵マリーSMドキュメント葵マリーの告白手記』(あまとりあ社, 1983)より。ただし写真の部屋はアルファ・インの102号室との指摘あり[注 1]
S&Mスナイパー1987年(昭和62年)7月号のブルーシャトウソフトシャトウの広告。

あかさかぶるーしゃとう。1980年、葵マリにより赤坂2丁目に作られたSMクラブ。週に1回程度SMショーを開催し長田英吉等が出演。後の松川ナミが在籍。87年閉店。

概要

1980年(昭和55年)、葵マリにより設立。社長は、葵マリの夫である酒井氏。1987年(昭和62年)11月までの7年間存続していた模様。

別名

ブルーシャトウ赤坂ブルーシャトーブルーシャトー

所在地

最初は赤坂のマンションの2階。東京都港区赤坂2-18-19赤坂シャレーII202

その後麻布十番のマンションに移った模様。

歴史

1980年(昭和55年)6月5日、葵マリにより赤坂ブルーシャトーが設立[1][注 2]

1980年(昭和55年)10月、後の松川ナミが入店。源氏名はエミ[1][注 3]

1981年(昭和56年)1月8日、赤坂ブルーシャトウの定例ショーに長田英吉を招聘。司会は田辺一鶴、モデルはエミ[1][注 4]

1983年(昭和58年)9月、葵マリABSプロモーション設立[1]

1983年(昭和58年)12月1日、SMビデオの販売開始[1]

1984年(昭和59年)、写真時代特別編集『最新風俗特集1983』で紹介。

1985年(昭和60年)、『ザ・折檻2』『ザ・折檻3』に赤坂ブルーシャトーの女王様、熱砂、西白蘭春川かおりが出演。

1987年(昭和62年)春、姉妹店のソフトシャトウオープン。西白蘭がチーフ。

1987年(昭和62年)11月、赤坂ブルーシャトー閉店。

1999年(平成11年)、S&Mスナイパー7月号には「奴隷契約書」「赤坂ブルーシャトウ」の広告。

主なミストレス

石原みか立川ひとみ中川あずさ西白蘭熱砂春川かおり藤代裕子松川ナミ夢リンダ

エピソード

引用文献

注釈

  1. Nao Nagasawa、私信 to U, 2021.6.2
  2. 毎月第一、第三金曜日と、第二、第四木曜日の19:00-21:00にショー付きパーティー。
  3. ナンバーワンだったが、いつの間にか銀座や吉祥寺のSMクラブに出演。1981年の始めにぐる赤坂ブルーシャトーはやめる。
  4. 2月5日の節分ショーでも長田英吉が出演。

お役たちweb

つながり