浅草の歴史

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

歴史

1841年(天保12年)5月〜1843年(天保14年)9月、天保の改革市村座が日本橋から、中村座が日本橋から、森田座が木挽町五丁目から聖天町(現在の台東区浅草6丁目)に強制移転。聖天町は、芝居小屋の草分けである猿若勘三郎の名に因んで猿若町と改名。

1884年(明治17年)11月、中村座が聖天町から西鳥越町(現・台東区鳥越1丁目)へ移転。

1887年(明治20年)、13才の竹本綾之助女義太夫としてデビューして大変な人気。若者を中心とする熱狂的なファンは「どうする連」と呼ばれた[1]

1903年(明治36年)、吉沢商店浅草六区に日本で最初の常設映画館『電気館』が開設。

1910年(明治43年)、浅草六区にできた遊園地「ルナパーク」の中に、吉沢商店が映画館『帝國館』を開設。翌年焼失。

1912年(明治45年)、再建された帝國館曾我廼家五九郎の喜劇「出世の太鼓」の公演[1]

1917年(大正6年)、同年にオープンした東京・浅草公園六区の観音劇場の経営を曾我廼家五九郎がまかされる。

1920年代?、浅草観音劇場曾我廼家五九郎が『人肉の市』を舞台化[2][3]

1947年(昭和22年)7月、「浅草ロック座」(旧万盛座)が開館[注 1]

1948年(昭和23年)2月、浅草ロック座でのハイライト・ショー(矢野英二主宰)公演「南国の処女」でメリー松原がデビュー[4]

1948年(昭和23年)3月、正邦乙彦が「常盤座」でヘレン滝の「デカメロン・ショー」を演出。ここで「ストリップ・ショウ」という名称を使い出す。

1948年(昭和23年)春、「百万弗劇場」で「動くストリップ」が出現。踊りながらパンツの隙間を覗かせる[5]

1948年(昭和23年)、浅草に「公園劇場」ができ、「入浴ショー」が上演[6]

エピソード

資料

引用文献

  1. 1.0 1.1 中山涙浅草芸人 ~エノケン、ロッパ、欽ちゃん、たけし、浅草演芸150年史~』(マイナビ新書, 2011.12.23)
  2. 伊藤晴雨非小説 性液(十)奇譚クラブ1954年(昭和29年)11月号, p68
  3. 伊藤晴雨非小説 性液(十一)奇譚クラブ1954年(昭和29年)12月号, p169
  4. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「inoue」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  5. 広岡敬一『戦後性風俗体系 わが女神たち』(朝日出版社, 2000)
  6. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「50nen」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません

注釈

  1. 8月説も。

お役たちweb

つながり

浅草の歴史