メリー松原

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
メリー松原。1948年(昭和23年)2月の浅草ロック座でのデビュー舞台「南国の処女」

めりー まつばら、1928年(昭和3年)[注 1]-。進駐軍のアーニーパイル劇場第一期研究生に採用された後、1948年(昭和23年)2月、浅草ロック座でデビュー。日劇ミュージックホール初期のスター。

概要

ストリップ創世記のスター。進駐軍のアーニーパイル劇場第一期研究生に採用された後、1948年(昭和23年)2月、浅草ロック座でデビュー。日劇ミュージックホール初期のスター。永井荷風のお気に入り。

別名

english

略歴

1928年(昭和3年)頃、東京下谷に生れる[1]

精華高女卒。貴族院速記課にタイピストとして勤務[1]

アーニーパイル劇場[注 2]の専属舞踊団第一期研究生に採用[2]

1947年(昭和22年)頃、NHKの前の飛行館の裏当たりの観光ホテルで、メリー松原が秘密ショーをやった[3]

1948年(昭和23年)2月、浅草ロック座でのハイライト・ショー(矢野英二主宰)公演「南国の処女」でメリー松原が浅草デビュー[4]

1948年(昭和23年)4月9日、新開地劇場にて「突如来演!メリー松原」公演[5]

1948年(昭和23年)9月1日〜7日、横浜オペラ館にて「メリー松原とタツセルショウ」[6]

1953年(昭和28年)5月、日劇ミュージックホールにて「地球を跨ぐ姫君たち」公演。

1976年(昭和51年)10月、ニューセルフ11月号に「シアタースキャンダル」が10月1日よりタレント養成学校『六本木ショー・スタジオ』を開校するとの情報。講師は樋口四郎(ダンス)、メリー松原(ダンス)、西村昭五郎(演技指導)、松本孝(文学・共用)、原榮三郎(フォト・ポーズ)。

エピソード

代表作

映画

  • プーサン』(東宝, 1953)
  • 社長太平記』(東宝, 1959)
  • 女蕩し』(新東宝, 1964)

印刷物

引用文献

  1. 1.0 1.1 「アサヒグラフ」1950年6月28日号
  2. 2.0 2.1 南博・永井啓夫・小沢昭一さらす ストリップの世界』(白水社, 1981)
  3. 小沢昭一深井俊彦中谷陽「消える灯・燃える炎ー戦後ストリップ史」新劇、1973年(昭和48年)9月号
  4. 井上ひさし『浅草フランス座の時間』(文春ネスコ, 2001)
  5. cobanobuのブログ「新開地劇場」
  6. cobanobuのブログ「横浜オペラ館」
  7. ジョン・ダワー『敗北を抱きしめて 第二次大戦後の日本人』(岩波書店, 2004)

注釈

  1. 「アサヒグラフ」1950年6月28日号で22歳として紹介されていることから逆算。
  2. 後の東京宝塚劇場。占領中はアメリカ軍に接収されて、アメリカ軍将兵用の劇場となっていた

お役たちweb

つながり