曾我廼家五九郎

提供: SMpedia
移動先:案内検索
曾我廼家五九郎(1876-1940)

そがのや ごくろう、1876年(明治9年)4月12日 - 1940年(昭和15年)7月7日

概要

浅草喜劇役者で、初期の無声映画にも出演した。伊藤晴雨と交遊関係があったようで、観音劇場での『人肉の市』を舞台化の様子を伊藤晴雨の「非小説『性液』」で紹介している。

別名

english、武智故平(本名)、武智元智

略歴

1876年(明治9年)4月12日、徳島県麻植郡鴨島村に生まれる。

1890年頃、家出同然に上京。近藤廉平の家に居候[1]

1900年前後?、板垣退助の家の玄関版として居候。やがて壮士として政治活動[2][1]

1900年頃、政治活動を続けながら壮士芝居の俳優に。武智元智と名乗る。

1901年(明治34年)、星亨の暗殺事件を機に政治から足を洗い演劇に専念[1]

1907年(明治40年)、曾我廼家五郎の喜劇一座に入門。曾我廼家五九郎と名乗る。吾妻倶楽部帝國館常磐座金龍館などに出演[2]

1908年(明治41年)頃、独立して有楽座で一座を旗揚げ。第2回公演で失敗。甲府興行の金を工面している時に、子供が病死。続く演伎座、真砂座の公演も失敗。座員を入れ替えた帝國館での公演が大当たり[2]

1910年(明治43年)頃、帝國館から金龍館に本拠地を変える[1]

1910年(明治43年)、無声映画に出演。

1912年(明治45年)、再建された帝国館曾我廼家五九郎の喜劇「出世の太鼓」の公演[3]

1916年(大正5年)、「今では曾我廼家五九郎は浅草の五九郎ではなく東京の五九郎だ、日本唯一の喜劇名優だ」と紹介されている[1]

1917年(大正6年)、観音劇場の経営を任される。

1920年代?、観音劇場で『人肉の市』を舞台化したと思われる[4][5]

1925年(大正14年)、無声映画『ノンキナトウサン 花見の巻』『ノンキナトウサン 活動の巻』などが大ヒット。

1940年(昭和15年)7月7日、永眠。

エピソード

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 岡村紫峰 『活動俳優銘々伝. 1の巻』 (活動写真雑誌社, 1916)
  2. 2.0 2.1 2.2 河瀬蘇北『現代之人物観無遠慮に申上候』(二松堂書店, 1917), p355
  3. 中山涙浅草芸人 ~エノケン、ロッパ、欽ちゃん、たけし、浅草演芸150年史~』(マイナビ新書, 2011.12.23)
  4. 伊藤晴雨非小説『性液』(十)奇譚クラブ1954年(昭和29年)11月号, p68
  5. 伊藤晴雨非小説『性液』(十一)奇譚クラブ1954年(昭和29年)12月号, p169

注釈

お役たちweb

つながり

伊藤晴雨 観音劇場 曾我廼家五郎