ヘレン滝

提供: SMpedia
移動先:案内検索

へれん たき、(生年不詳)。正邦乙彦がスカウトした戦後すぐのストリッパー。1948年(昭和23年)3月の常磐座での公演「デカメロン・ショー」から「ストリップ・ショウ」という名称が誕生。1948年(昭和23年)6月には「猥褻陳列罪第一号」で逮捕。アルコール中毒で引退。

概要

戦後すぐのストリッパー。戦前は松竹楽劇団のレビューのダンサーであったところを、戦後に。正邦乙彦がスカウト。1948年(昭和23年)3月の常磐座での公演から「ストリップ・ショウ」という名称が誕生。1948年(昭和23年)6月には「猥褻陳列罪第一号」で逮捕。

別名

滝洋子

略歴

戦前、滝洋子の名で松竹楽劇団のレビューのダンサー[1]

1948年(昭和23年)3月3日、「常磐座」での劇団「新風俗」の公演「闇の夜の手記・悲しき抵抗」にヘレン滝が出演。踊りながら全裸に近い姿に[2]

1948年(昭和23年)3月5日、正邦乙彦浅草常磐座」でヘレン滝の「デカメロン・ショー」を演出。ここで「ストリップ・ショウ」という名称を使い出す[3]

1948年(昭和23年)6月、正邦乙彦の演出で、常磐座においてヘレン滝(ブランコにのせて動かす)、福田はるみがは裸で踊る[4]ヘレン滝は「猥褻陳列罪第一号」として逮捕[5]

1950年代?、夫の土屋伍一と共に有楽町にバー「長崎」を出店するも三か月で閉店[6]

1952年(平成27年)頃?、日劇ミュージックホールに出演[6]

エピソード

  • 正邦乙彦が1948年(昭和23年)に「ストリップ・ショウ」と命名する前には、「リベラルショー」や「バーレスク」、「裸ショー」などストリップの呼称が統一されていなかった[1]
  • ヒロポン中毒の土屋伍一と手切れを条件に日劇ミュージックホールに出演したヘレン滝だったが、アル中状態のうえに急速な肥満でやがて引退[6]
  • 引退後SKD出身の男役だったY・Uという踊り子と共同で花屋を開業していたのが数年後には一人で細々と廃品回収に回っていた[1]

代表作

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり