ヒロセ元美

提供: SMpedia
ナビゲーションに移動検索に移動
1949年(昭和24年)日劇小劇場『女の宮殿』でのヒロセ元美のファンダンス[1]

せい めい、1926年(大正15年)-

概要

別名

english

略歴

1926年(大正15年)4月29日、上海に生まれる[2]

1946年(昭和21年)3月、日本に帰国[3]

1949年(昭和24年)、常磐座メーリー松原ショー(振付:矢野英二)。ヒロセ元美が参加[4]

1949年(昭和24年)、日劇小劇場に出演[3]

1950年(昭和25年)3月10日、新宿セントラル劇場で公演中のヒロセ元美公然わいせつ物陳列罪で検挙[1]

1952年(昭和27年)1月、小林一三日劇小劇場でのストリップ中止に反対し、ヒロセ元美ら15名がストライキ[5]

1952年(昭和27年)7月22日、伊吹まりメリー松原ヒロセ元美らが『ストリップ廃業・ヌード芸術宣言』[5]

1952年(昭和27年)7月30日、日劇ミュージックホールの第5回公演『サマースキャンダル』から伊吹まりメリー松原ヒロセ元美の後の御三家が登場[5]

1953年(昭和28年)頃、日劇ミュージックホールを離れストリップに復帰[5]

1953年(昭和28年)12月、公園劇場での『エロ手本忠臣蔵』に出演[1]

1980年(昭和55年)頃、福島県原町市の「ウルワシ」という名のキャバレーの一履われママ[3]

エピソード

  • 「焦らしながら一枚一枚と衣装を脱いでゆく技術(ストリップティーズ)を日本に紹介した」最初の踊り子[1]
  • 育った上海で観た「ファン・ダンス」を取り入れてトレードマークに[3]
  • 1952年(昭和27年)1月の東京新聞記事「極端なエロ・グロで/再び活気をとりもどす:″額縁シヨウ″の誕生から五年目、空前の全盛時代を現出したストリツプ界も……女剣劇に圧倒され、ちよう落を唱える声も大きいが、事実は返つて極端なエロとグロを売物にし、昨年末来ものすごい勢で観客を呼んでいる/ヒロセ元美の巧妙なテクニツクでも、ハニー・ロイの魅力的な乳房でも、ストリツプに慣れた観客をつなぐことはできなくなつたこの世界は、昨年から「ストリツプ・フアツクル」(アクロバツト)を登場させ……、その内容はいずれも芸術などという香りはみじんも感じさせない卑わいなものへ、日一日と落ちて行くばかり/さらに非常な刺激を与えたのは、昨年末エロ・グロ・ストを看板に開場した浅草百万弗劇場である、伊藤晴雨氏所蔵の江戸時代刑罰の画(女が全身をあらわにして責められている)をウインドウ一ぱいにはりつけて宣伝、これまでせいぜい三百人そこそこしか入らなかつたのに、初日千五百人が押し寄せ、今日まで千数百の入りを下らない盛況……」[6]
  • 日劇ミュージックホールの1952年頃の3大スターは伊吹マリメリー松原ヒロセ元美と言われた[3]
  • (1954年頃)「浅草のストライキに参加してクビになり、関西落ちしたヒロセ元美(大スター級)が、軽演劇の鶴岡トオルと組んで地方巡業に出ていたがこのほど神戸で解散した[7]

。」

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 橋本与志夫ヌードさん―ストリップ黄金時代』(筑摩書房, 1995.4)
  2. Wikipediaより
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 南博・永井啓夫・小沢昭一さらす ストリップの世界』(白水社, 1981)
  4. 小沢昭一、 深井俊彦、中谷陽「消える灯・燃える炎ー戦後ストリップ史」新劇、1973年(昭和48年)9月号
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 『The Nichigeki Music Hall』(東宝, 1982)
  6. 長谷川卓也猥色文化考―猥雑物公然陳列』(新門出版社, 1980.4.25)
  7. cobanobuのブログ「行詰ったストリップ」

注釈

お役たちweb

つながり