SM同好会

提供: SMpedia
移動先:案内検索

概要

SMや緊縛を愛好する仲間が集まる非営利の集会。SMサークルSM同好会縄会縄処などいろいろな名称が存在。

主な出来事

1983年(昭和58年)頃、大阪で愚離院がSMパーティーなどを主催。

1996年(平成8年)、明智伝鬼神浦匠が中心となり縛友会を設立。

1996年(平成8年)9月、風見蘭喜によりサークルM’s発足。

2001年(平成13年)頃、ぱんだが「ぱんだのSMはうす」開始。

2003年(平成15年)7月25日、喜多川によりサロン喜多川オープン。

2003年(平成15年)8月30日、TAKAの部屋で『緊縛講座』開催。講師は緋虜

2003年(平成15年)9月5日、麗葉紅が『BORDERLESS 緊縛講習会』を開催。

2003年(平成15年)秋、日向匠が「責め縄研究会」を発足。

2003年(平成15年)、Monkoが「モンコの店」を開催。

2004年(平成16年)、武田龍二が『龍風会』を組織。

2005年(平成17年)、すけまるらが『北陸緊縛愛好倶楽部 緊縛勉強会』を開催。

2008年(平成20年)、Good-studioシリカ初心者緊縛の集まり開催。

2008年(平成20年)、志摩紫光が「縛りと縄の交歓交流会』を開催。

2008年(平成20年)3月、弧月龍刃が『縄処 龍月斬』を開始。

引用文献

注釈

お役たちweb

つながり