喜多征一

提供: SMpedia
移動先: 案内検索
喜多征一 1963 -

きた せいいち、1963年(昭和38年)4月10日[1]-

概要

緊縛師。縛り屋、染縄師。BDSM関連キュレーションメディア「SMLuxury」を編集。

別名

english

略歴

1963年(昭和38年)4月10日、生まれる[1]

1998年(平成10年)頃、デザイナーとして活動開始[1]

2003年(平成15年)頃、名古屋のハプバーDO NAGOYA」で名和征爾の緊縛を知り、名和征爾から緊縛を学び始める[1]

2005年(平成17年)、名和征爾の没後、名和征爾のマネージャーの富さんの勧めで後継者として喜多征一を名乗る[1][注 1][注 2]

2016年(平成28年)、経営していた会社が倒産[1]。。

2016年(平成28年)、友人の出資で株式会社SHIBARIを設立。代表はデザイナー業のパートナーであった恵氏[1]

2016年(平成28年)5月29日、STUDIO GLAMDY SHIBARIにて緊縛教室をスタート。

2016年(平成28年)6月18日、SMLuxury主催『STUDIO GLAMDY SHIBARI Presents ROPE SESSION』開催。出演:喜多征一風見蘭喜

2016年(平成28年)9月10日、福岡Nestにて緊縛ショウ。

2017年(平成29年)2月22日、東京の田園調布にもスタジオをオープン。緊縛教室をスタート。

2018年(平成30年)3月3日、東京のスタジオを田園調布から『五反田スタジオ』に移転。

エピソード

代表作

引用文献

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 喜多征一私信 to U, 2018.03.16

注釈

  1. 喜多征一の「喜多」は喜多玲子から、「征」は名和征爾からとった
  2. 名和征爾のタニマチ(女性客)をそのまま引き続く

お役たちweb

つながり