星野小麿

提供: SMpedia
移動先:案内検索

ほしの こまろ、1941年(昭和16年)-

概説

浮世絵美人画を思わせる女性ポートレートで有名な写真家。秋山庄太郎の門下。1970年代に写真撮影会『KPC』を主催しており、1976年(昭和51年)にスタートした、KPCその分科会の1つ『解語の花』では濡木痴夢男が講師として招かれ、緊縛写真撮影会が定期的に行われた。星野小麿自身にはSM嗜好はなかったようである[1]

別名

english

略歴

1941年(昭和16年)、生まれる。

秋山庄太郎の門下[1]

1973年(昭和48年)、銀座松屋百貨店において、トップスター100人展と沢村忠 KICK BOXING展を開催。

1973年(昭和48年)、公募展「写GIRL展」をスタート。

1974年(昭和49年)8月、週刊朝日口絵に「当世歌麿の女たち」。

1976年(昭和51年)11月14日、KPCの分科会の1つ、『解語の花』をスタート[1][注 1]

1979年(昭和54年)、第20回『解語の花』で終了[1]

エピソード

日本芸術出版社、アマテラスノ会会長。

KPC・写ガール会では、「何物にもとらわれない女性の美、内外面の表現」を理念の一つに掲げ全国規模の公募展「写GIRL展」を開催。1973から。写GIRL展32回が2010年

代表作

引用文献

注釈

  1. 濡木痴夢男は『解語の花』=「緊縛撮影会」と説明しているが、「解語の花写真家倶楽部」と副題のついた『写真集 写GIRL』が少なくとも1992年まで定期的に出版されているので、認識違いが、あるいは、1979年(昭和54年)に1度終了した『解語の花』がある時期に復活したのかもしれない。

お役たちweb

つながり

濡木痴夢男